[ページTOPに戻る] [新規登録]

青銅釉・酸化焼成蘭鉢

投稿者:富永淳一

読者数:2859
2003/06/02(Mon)20:33
[修正・削除]

霞たなびく様を釉薬の濃淡で表現出来ればと・・・・・・
青銅釉・酸化焼成蘭鉢

前にご紹介した暗紫色の胴長鉢と同じ釉薬・焼成方法です。
ここに見られる緑色系の色が本来の青銅釉の色と思います。鉢の右側から後ろ側にかけては、釉薬が飛び素地の色が見えますが、何か年代もの又は遺跡から発掘した土器・・・・の趣です。
蘭鉢の製作は、単なる飾り鉢では無く栽培も出来る鉢を目指し、できるだけ素地は薄く、鉢内の水の移動・伝導、空気の流通・・・等を考えると自ずから制約が出てきてしまいます。今後は飾り鉢として、プラ鉢が具合良く納まるものや、白色系統、絵や文様入りのものなども可能性を追い求めて見たいと考えています。

 ★作品の感想が有れば一言お願いします。(いたずらが増えたため、コメントの書込みはLOGINしているAONメンバーに限定します。)
コメント:

ページTOPに戻る

交換会のページにジャンプします。