[ページTOPに戻る] [新規登録]

一茎一花・素心「蔡仙素」

投稿者:富永淳一

読者数:3786
2003/05/24(Sat)08:59
[修正・削除]

今昔の思いです。没落貴族か最近の日本経済か?
一茎一花・素心「蔡仙素」

素心でかぶとがある・・・珍品であり、名花である。黒崎陽人氏著の東洋ラン・花物の解説では「・・・・、中心に白彩のかぶとをそなえた高潔なその姿は、南宋の画家梁楷のえがく”李白吟行の図”を思い起こすほどにも静寂のおもむきがあり、ラン花のもつすべての美の結晶がここにある。とくに数少なく、これを持つ培養家は何よりも誇りとし、みな異常な愛着をかけているものだ。・・・・」と解説されています。
現在、上木4〜5本開花株で一万円出せば入手可能です。
葉も紺地強く光沢もあり、半立ちですっきりとした葉姿で花の無い時期にも観賞価値は抜群である。もっと大事にされて良い蘭と思います。

 ★作品の感想が有れば一言お願いします。(いたずらが増えたため、コメントの書込みはLOGINしているAONメンバーに限定します。)
良いものは良い。花軸が伸びにくい品種ですが、そんな些細なことを忘れさせる中国春蘭の真髄を知ることが出来る品種だと思います。

None
コメント:

ページTOPに戻る

交換会のページにジャンプします。