Suigyoku

酔 玉

 20年くらい前の第一次奥地蘭ブームの時に渡来して命名された一文字咲の豆弁蘭で、舌が桃色をしている処から酔玉と名付けられたのだと思われる。しかし、それだけではなく、咲き始めは緑色をしているが、咲き進むとともに黄色味と赤味も加わってくるようで、その辺も加味された命銘のようだ。

戻る