Suibun

翠 文

 清河梅として購入したが、蘭恵小史の記述とは全く異なる花容であるため、本当は水仙弁の別の花だと考えられた。

 今年(2009年)は初花より短弁に咲いた。蘭華譜の翠文に良く似ている。ただ、舌が蘭華譜には劉海舌とあるが、この花は巻舌でありどう見ても劉海舌とは云い難い。しかし、副弁は弁先が尖り、梅形水仙弁とも見れるし、兜は蚕蛾半硬兜であり、これらは蘭華譜の記述と良く一致する。一応翠文としておきたい。

目次