Roujuwen803

老十円

 一応老十円で間違いないと思うのだがよく分からない。本来は梅弁花なのだがこの花はかなり細長く弁先は尖っているので水仙弁に咲いている。中彙は観音兜捧劉海舌で舌点は二列に入っている。捧心の先端に紅点が付いているがこれが老十円の特徴でもある、しかし、長脚収根抱え咲きの形を見れば水仙弁の別の花のようにも見える。老十円は色々な咲き方をするので、この容が継続するのか見極めたい。

戻る