Rakurenga

白 楽

 既に20年以上作られている大葉系蓮弁蘭の荷花弁花。薄いピンクを帯びた白蓮弁 で中輪三角咲。 咲き進んでも弁巾が細くならない。下の画像右側は下の花が咲いた時点、左は1週間以上経って上の花も開花した時のものだが、下の花の容が全く変わっていない。最後まで荷花弁の容を保つ優れた性質を持っている。

戻る