Teikouka712

鄭孝荷

 五弁分窠、収根放角、弁先が背部に弓なりに反り返るため切れ込みが入っているように見える。捧心も先端が少し上に抓んだ様になるが、ここが塊を作り兜のように見える花もある。荷花弁花で兜は無いのだがこの固体は捧心に僅かだが蝶が出ている。唇弁は円舌だが先端が切れ込み、方缼舌のようにも見える。

戻る