Sengagokuhin

仙荷極品

 荷形水仙弁の極め付きと言った意味だろうか、確かにそう煎っても良さそうな花容だろう。五弁分窠、収根放角、緊弁、一文字咲、典型的な荷形水仙弁で弁巾もあり花弁の辺縁に白彩を彩る。中彙は分窠蚕蛾兜捧、大鋪舌は軽く巻く。花色はやや黄色みの強い黄緑色の花弁が小花柄から弁元にかけて茜色に染まる。葉は広葉で短く垂性、何となく矮鶏性の葉姿をしている。花茎の伸びは今一つだが期待の持てる新花と云える。

戻る