Seishou750

青筱?清河梅?青銭梅?

これも翠文で売られていたものだが、明らかに異なる。
中輪の平肩より少し肩の下がる三角咲、五弁分窠、収根細く緊弁、中彙は軟蚕蛾兜で如意舌には紅点が不規則に入る。五弁浄緑 、左は少し凝って咲いたか梅弁で舌が如意龍呑舌、右は荷形水仙弁に咲いたもの。水仙弁なら青筱、細収根の梅弁であれば 清河梅、軸で浄緑なところから青銭梅あたりも可能性があるかと思われる。

目次