Setsugetsuka

雪 月 花

古くから伝わる素心蘭系の銘品で旧素心といわれている。葉芸は白覆輪で地味だが安定していて、中透けなどへの変化をあまり聞かない。花は中輪の桃腮素で、舌の奥を僅かに染める。この花が咲くと秋が近い。
   
   

戻る