14F05Karyu

不明水仙(嘉隆?)

 小打梅で入れたものだが異なる。五弁分窠、収根緊弁、やや長脚平肩咲の水仙弁花、中彙は分窠蚕蛾兜捧、小円舌、舌上の紅点は乱れやすい。捧心の背中が隆起しているので嘉隆かとも思えるのだが、嘉隆はもっと隆起が大きいようにも思え、ハッキリしない。軸は淡紅色、葉は中巾の半垂性。花色はやや薄い翠緑色で冴えた色をしている。これも小打梅とは明らかに異なり、水仙弁の別種であろう。

戻る