13F808chouji

長 字

 五弁分窠、典型的な竹葉水仙弁で弁先に白彩をかける。分窠軟蚕蛾兜捧、舌は普通の巻舌で舌点はU字に入る。翠文に似ている感じもするが、翠文より舌が大きい、多分長字で良いのだと思う。

目次