東洋蘭に関するアンケートの集計結果です。

 

★☆種と品種に付いて★☆

  1. 今貴方が栽培している蘭の種類は(単純比較)
  2. 今後最も力を入れたいと思っている種は
  3. 東洋蘭のどこに魅力を感じていますか。
  4. 今、欲しいと思っているものは
  5. 品種購入に出費する最大金額は
  6. 現在の東洋蘭の価格は
  7. 今までに購入して良かったと思うものは
  8. 購入して失敗したと思うものは
  9. 所蔵品種の中で期待しているものは

★☆東洋蘭ネットワークに付いて☆★

  1. 現在栽培されている種名と鉢数(実数比)
  2. お棚の収容能力にまだ余裕はありますか
  3. 自分で管理できる適正な鉢数は
  4. 難しくて手におえないと感じたものは
  5. 栽培の注意点や栽培の苦労は
  6. 栽培法でこだわっている点は

 

★☆栽培に付いて☆★

  1. 東洋蘭ネットワークの良い点は
  2. 東洋蘭ネットワークの問題点は
  3. 東洋蘭ネットワークに希望する事は

★☆その他ご意見、ご感想が有れば☆★

  1. メンバーのご意見

 


★☆種と品種に付いて★☆

1-1 今貴方が栽培している蘭の種類は(単純比較)

先頭に戻る

1-2 今後最も力を入れたいと思っている種は

具体的な記載が有ったもの

春蘭柄物
韓国春蘭(葉芸)、中国奥地の蘭
坑州寒蘭
中国奥地の蘭、寒蘭(中国、杭州を含む)
えびねをメインに栽培中。 春蘭、寒蘭についても少しづつ増加中。
韓国春蘭
えびね(ニオイ、コオズの原種)、寒蘭(杭州寒蘭)
富貴蘭 小型で日本の生活環境にあっているから。
日本春蘭の無名品から将来有望の物を見つけたい。
セッコク 場所を取らず、栽培が易しい。
中国蘭、一茎九花

郷里の付近で寒蘭の自生が確認できたので、寒蘭を栽培して育種し新しい品種を作りたいと思います。
他に類のない魅力を感じる。自分の周囲に寒蘭愛好者がいる事。
できる限り、いろいろな種

参照から戻る

先頭に戻る

1-3 東洋蘭のどこに魅力を感じていますか。

渋いところ
渋いところです。
(寒蘭)シンとした静けさ、葉・茎・花(形、色)の絶妙な組み合わせが醸し出す渋さ
侘び寂
侘び、寂び、神秘性
わび、さび、可憐さ
洋蘭にない「わび、さび」を感じます。
日本的な美。派手さはないが清楚・可憐な美に魅力を感じる。また、(盆栽に比して)手がかからないのも魅力の一つ。
寒蘭の楚として、気品のあるところ。エビネの華やかさ。
香りと飽きのこない風雅さ
麟として清楚なところ
人に媚びない、凛とした花と葉。
人為的でなく、無駄の無い美しさ。花も葉姿も楽しめる。
葉姿です
葉の柄や曲線の美・栽培の難しさ(花の色)
特に葉芸 無点系。年によって色彩が変化する
葉芸の魅力
葉姿と花姿
姿
寒蘭は葉姿、花共に魅力がある、たとえば花が葉上に花軸を真っ直ぐ伸ばす処等。
出芽、葉姿、花の形と色
花、香り、葉姿
姿、香り
寒蘭の色彩と香りに興味があります。香りのある蘭には東洋蘭、洋蘭にはこだわりません。いいかおりです。中国の聖人君主達が褒め称えるのもうなずけます。
花の良さ、香りの良さ、柄の美しさ
香り、質素さ、変化の魅力
香りと色合い
気品と薫り
気品をかんじる
清楚で上品、匂いがいい。
清楚で気品があるところ
清楚なところ
清楚なところ
清楚で可憐なところ
清楚な中に凛と咲くところ
清楚な葉
静けさと気高さ
上品で質素な花の姿・葉芸の美しさ(年間を通して見飽きない姿)・春蘭の清々しい香り
葉姿、花共に上品で、手を掛けてやったら成果が出ること。
寒蘭の魅力を他の東洋 蘭 では感じない。バランスの取れたときの完成された美。
トータルバランス
姿全体のまとまった美しさ。
素朴 手がかからない
手間が掛からない
園芸品種と違った素朴さ 寒蘭の冴えた青花
寒蘭の本場の西谷で住むようになり、初めてその素朴さと美しさに魅せられました。
その簡素な美しさ,風土に合ったものであること
花あるいは柄の微妙な変化
芳香と温室がいらないこと
洋蘭に比べて低温に強く保温しなくて良い。 すっきりしていて姿がよい。香りの良いものが多い。
東洋的な美しさ、周年通して楽しめる、当地での希少価値、特別な設備が不要。
人工的な雰囲気がないところ
野生の花として慎ましやかなところ
野性
野生感、セラピーとして
増えた蘭が売れるから
軽薄短小である事
奥深いところ。 まだまだ珍種が出てきそう。
葉芸、花芸の面白さ。ポピュラーでなくマニアックな園芸の世界
理屈抜き
ただ、そのまま蘭が好きということかな。どことか、そういうものではなく、素直に好きな花だと感じますよ。
先頭に戻る

1-4 今、欲しいと思っているものは

寒蘭 品種名を特定できない回答
日向の誉(4名)、大雄(5名)、白妙(3名)、豊雪(3名)、四万十川の誉(2名)、古都(3名)、三世冠(2名)、日光(2名)、春光(2名)
四万十の月、司の華、天珠、北斎、彩風、御国の花、北薩の誉、司童子、素豊、野根小町、釈尊、玉金剛、貴娘、月姫、天山、緑宝、肇国、緋の舞、土佐小町、素光、京の夢、乾杯、憧、酔玉、烏丸、土佐の海、恋心、南風、秋水、土佐露風、幸帝、黄金の華、土佐満月、渚、煌、貴公子、桜雲、慎太郎、素光、真白、王虎、日本一、吹雪、白福、春光(柄物)、金閣(本当の黄色花)、呑竜、烏丸、月抄、光貴、鈴紅、竜泉、南極
赤覆輪の葉の苗、紫覆輪の葉の苗。
名前はなくてもその美しさが十分に現れるもの。
紅花素舌葉幅のでる品種で葉は短め。
青花の良花。古い品種より新しい品種。すがた花形のよい赤系寒蘭。
品種にはこだわらず草姿のととのった青々か青花系。
青カンラン。チャボ。無名寒蘭の優秀品種。
形のよい(赤、黒色、青々)花。
花弁が広く、厚く緑の濃い花弁の狂いのない大舌大点の青花。
杭州寒蘭 品種名を特定できない回答
弧峰、世田谷錦
杭州寒蘭の普及品、杭州寒蘭、坑州寒蘭のチャボ、杭州寒蘭赤花素舌
日本春蘭 品種名を特定できない回答(韓国春蘭を含む)
白光、守門山、安積猛虎、赤富士、金閣宝,幽谷殿,淀君,女雛,ヒホウ,守門竜(2系統)、多摩の夕映、女雛、悟空、稲妻、国宝、金閣宝、篝火、細雪、夢心、国宝、天遊、光琳・燦宝・紀の白帆・熊野白蘭、天遊、王道、万葉、幽谷殿など中透け、八雲錦 中透柄物、赤花、韓国春蘭、韓国産無名、韓国春蘭はもっか品名勉強中、日本春蘭の白花(素芯でない)を見つけたい、春蘭柄もの、中押し類
中国春蘭(一茎九華を含む) 品種名を特定できない回答
カンキュウカテイ、万字
一茎九花
慶華梅、劉梅、一茎九花を一鉢
中国春蘭、素心、九華(縞物、変わり花)、中国春蘭など

 

富貴蘭 風蘭 長生蘭 セッコク
金牡丹(2名)、富貴殿、舞鶴、大江丸の縞、紅扇、卑弥呼、楊貴姫 月宮殿
品種名を特定できない回答
野性味溢れる大株の風蘭・セッコク
富貴蘭と長生蘭
その他の野生蘭 分類できないご意見
ウチョウランのラシャ葉、芳香のあるシラン、あつもり草 特に無し、特にありません、本物、特にありません
先頭に戻る

1-5 品種購入に出費する最大金額は

ご意見 サラリーマンの小遣いの範囲。3万円くらいですね。

先頭に戻る

1-6 現在の東洋蘭の価格は



★☆
コメントは頂いた回答と必ずしも一致していませんので、コメントのみを再度検討して順に並べました。
一概には言えませんが、栽培年月の長い方は「安いと思う」や「適正だと思う」が多い様です。
高いと思う
売る方が適正価格が判っていないのでは?
場所と、人とによって、非常に金額にばらつきが大きいと思う。趣味家から入られた人では、儲け主義に走り、高すぎる金額を平気で提示して居る事が見うけられる。今の時代だけでなく、いつの世もこんな人がいれば、東洋蘭の時代もすぐに飽きられてしまうことにならなければと、思う。
アメリカのスーパーで玉花蘭が花つきで一株約1000円で一日100本売れてました。1000〜2000円が通常株の価格でしょう。園芸はカネでドロボウから苗買ってやるものではない。自分でバイオで増殖すべし。カネにならないから廃れるのは本当の文化ではない。ただの日本の恥!!
売り主の言いなりです。値札がついていない。高いです。
昔に比べれば(バブル期,財テク利用期)に比較してかなり安くなっていると思いますが,一般サラリーマンの蘭好きもいますので,名品でも,もう少し安い価格を希望します。
人気のものについては高すぎます。需要と供給の関係で仕方ないのでしょうが,調子に乗りすぎていると思われます。それ以外のものについては私は手頃だとは思いますが,蘭キチ以外の者から見たら,高い物に違いないでしょう。
寒蘭は、ひところに比べれば、品種にもよるが安くなっている。しかし、他の植物と比べるとやはり高すぎる。東洋蘭の愛好者数は、この値段の高さでは、産地で山取りが可能なとこでない限りなかなか増えないだろうと思う。しかし、高尚な趣味であると考えれば多いとか少ないとか値段も関係ないのかもしれない。古典園芸から発展した盆栽が近代化しているけど 寒蘭は寒蘭で、まあいいかと言った境地なのだろう。
私にとっては単なる趣味だから
高い物も有って良いと思いますが千円以下の物も有った方が普及すると思います。
適正だと思う
人が欲しがる人気品、新花が高いのはやむをえない。
蘭キチとしては「適当」と思うが、一般的には「高い」
高いとは思いますが、趣味の領域であればやむえないと思います。
蘭は決まった価格は無いので自分の納得する価格なら良いと思う。
個人の思い入れで安くもなり、高くもなるものであると思っている。昔が高すぎただけであろう。
希少新花は別として、純粋に鑑賞するのなら、お手頃だと思います。
安くなり過ぎれば問題。価値観から云ってもこれくらい
純粋に花の価値として高すぎると思うものもあるが(投機的なもの?)、ある程度高い方が夢がある(特に山採りをする者にとっては・・・)。
安いと思う

昔に比べ安くなりました。
実生等のおかげで良い物まで安くなり、高級感が無くなった。
現在の東洋蘭の価格(昔からの銘品)は、花の価値に比べて安すぎると思う。
正直言ってもう少し高い方が面白さがある
その他
初心者なのでよく判りません

 

先頭に戻る

1-7 今までに購入して良かったと思うものは

寒蘭 その他品種名を特定できない回答
豊雪(14名)、日光(5名)、白妙(4名 上級品という方を含む)、
桃里(3名)、日向の誉(2名)、極楽鳥(2名)、緑宝(3名)、静(2名)
御神錦、室戸錦、舞鶴、丹鈴、紅鷲、紅鶴、払越産の良品、古畑の赤花、無銘の青花(北川村の青花)、烏丸、呑竜
神曲、素豊、蛍雪、白竜、竜雪、桃里
日本一、酔玉、大竜、風月
新世紀、銀河、銀河、球磨大泉
柴尾山産の赤花と青更紗、
青特級無銘、
紺覆、
杭州寒蘭の未選別品、
銀鈴等作りやすく、しかも飽きのこないもの。
日本春蘭 中国春蘭(一茎九華を含む)
舞妓(2名)、秩父錦(2名)、天遊(2名)、
光琳、清鏡、女雛、万寿、大虹、雪姫、歌麿、山の端、
輪波の花、緑宝、八雲錦、黄河、松の光、秀光、鹿島路、金玉殿、薄化粧、大雪嶺
翠蓋
一茎九華
関頂、奇花、楼梅 
富貴蘭 風蘭 えびね
富貴殿(2名)、鈴虫、連城丸、御旗、金兜、大江丸の縞、西出都、東出都 ニオイ、コウズ系、笑福梅(ジ、ややタカネがかっている)
長生蘭 セッコク ウチョウラン
大株(100本) 大輪実生各種
分類できない回答 否定的なご意見
ほぼ全て、中国春蘭全て、購入した90%は満足、購入品の大半は満足
寒蘭無銘品を育てられたことに感謝している、全ての蘭
特に無い、特に無し、あまりない。
始めた頃に業者から並品をずいぶんな値段で買わされたなあと思います。そこの業者からはその後買っていませんが、悔しい思いは未だに残っています。
先頭に戻る

1-8 購入して失敗したと思うものは

寒蘭 その他品種名を特定できない回答
日光、春光、無名チャボ各種、御門錦、土佐の幻、紅切子、大雄、日向王、白聖閣、竜雪、白妙、日向の誉れ、華神、神曲、
「白妙」もどき、白妙(ウイルス感染株)
例えばヤタ系等いわゆる○○系のもの坪採りと称するもの
有りませんがしいて言うなら寒蘭の豊雪、
寒蘭の「銀鈴」を買って、ある年、花の一部が折り鶴になり そのため、由緒正しい「銀鈴」を探す必要になったこと。
屋久の深雪・・極小株だったので枯らしてしまった。
寒蘭の一部の銘品は、期待通りの花が咲くが、多くは期待はずれである。私も今までに多数の寒蘭を買ったが、残っているのは豊雪や室戸錦くらいである。また、最近の品種については、花の咲き方に固定したものが少なく。買ってから後悔するものが多い。
無点系 昔の高額品種
小さな株を買って育てることが出来ず失敗(高い物が買えなかったため)
柄物(虎斑):枯らしてしまった。
日本春蘭(韓国春蘭を含む) 品種名を特定できない回答
チャボの達磨、紫天竜、サンゲツ、韓国縞、韓国先班チャボ、黄宝、光琳
日本春蘭全般(業者で懲りた)
春蘭、長生蘭、病気の物とは知らず(日輪等)
中国春蘭(一茎九華を含む) 富貴蘭 風蘭
連弁蘭白花「梅里雪山」 瑞雲、出雲金斑、淀の雪、フウランの交配種、日光に弱い風蘭
えびね ウチョウラン
えびね各種、織女、みくら(色が思うように出ない)
実生の翌年の開花で並花になってしまう品種
その他の蘭 肯定的なご意見
十八学士、実生品
中国報歳蘭 売れ残りを買ったので調子悪いです。
特になし、特にありません、特になし、ありません、なし、特になし、特になし、なし、特になし、特に無し、有りませんそれなりに全て素晴らしいです。なし。別にない。
その他の問題点
この、ネットワークではなく、専門誌での通信販売にてえびねを購入したが、ウイルスの症状が激しく出て居たため、返却して同じ品種が送られてきたが、次の年に花が咲いたが、似ても似つかない、並花以下の花であった。登録名---国王(九州の登録名)
杉田の華、バイラス入りであるのが分らず強引に買わされた。
九州業者の「えびね」の”ヒゼン”、”サツマ”の名品の数々。ウイルスでひどい目に遭いました。その後その業者は駆逐されました。
中木として購入したものが思った以上に小さな木であったこと。
盗品のナギラン。
見分ける力がある程度ついてからは、あまりそんなことはなくなりましたが、それまでに買った物の多くは期待を裏切られることが多かったと思います。
売るその人。
根が悪いもの。
開花時期でない時に、無銘品を店主の説明だけで買いました。こちらのイメージとは大きく異なる花が咲き、文句言うわけにも行かず、失敗しました。
寒蘭の高級品で持っているという自己満足だけだった。
先頭に戻る

1-9 所蔵品種の中で期待しているものは

寒蘭名品 寒蘭無名品
豊雪(6名)、白妙(2名)、日向白竜、静、大雄
室戸錦(2名)、肇国、日向の誉、極楽鳥、福寿の華
桃里、日光、桃琳、金閣、皇貴、貴苑、東行、家宝
風明の誉、緑宝、光貴
杭州寒蘭(老門山、吉祥山、謂城の朝雨)
静素、紅鷲、翁白
宿毛山取り、無名紺覆、黄葉の桃無点、ちゃぼの紅無点、無名釈尊坪どり、中透け天然実生ヤマドリ子苗、自分で採った良い坪の初花、西土佐村産未開花の黄葉数株、山採り薄黄緑葉、五木村産「無銘曙虎」、白西平の力王見込み、「大雄」坪採り苗,「もののけ姫」(仮称・屋久島産?)、無銘青チャボ、無銘青更紗、未開花の超広葉、チャボ数種、寒蘭柄物無銘品、山取りの寒蘭、自分の山取苗、払越産の良品、約10品種と北川村産の青花、その他青花10種程度。
私が山取したもので紺覆中透けで曙斑もはいる柄物(無銘)、まだ花を見ていませんので

その他のご意見
高知でいただいた無名の物
日本の寒蘭
山取り、無銘
赤帝、土佐茜雲、豊雪、日光の本咲き。素性のよい白妙の開花。
長屋の白花といわれて購入したもの、出芽は白いがなにが咲くかわからないところ。
バイオ寒蘭の「日光×極楽鳥」(ピンクのベタ舌狙い)同 「豊雪×玉金剛」(四倍体処理・玉金剛を一回りシメた、ごつい船底舌の無点系狙い)同 ピンク斑入り葉の済州島バイオ寒蘭、斑入り葉の一茎九花(バイオ・複色花狙い)
春蘭名品 春蘭無名品
軍旗、琥珀殿、女雛(2名)、熊野路 日本春蘭・韓国 春蘭の無名数鉢     
チャボ散斑、無名覆輪(未開花)、女雛のチャボ、虎斑の赤花、昔黄色の縞が咲いたと言われている蘭
無名品、無銘品(葉芸や花に期待)

その他のご意見
友人より頂いた春蘭(黄冠、桃山錦)
光琳(あまり高価な物でもないけど,私は毎年の本咲きに期待しています。)
中国春蘭(一茎九華を含む) 富貴蘭 風蘭
緑雲
大富貴と紅陽の掛け合わせ

楼梅、南陽梅、江南新極品
中国の蘭全般
富貴殿、富士覆輪、翡翠、御旗、金牡丹

山取の赤葉風蘭、大株の風蘭・セッコク

その他のご意見
西出都(変わりが出ないか)
富貴蘭、風蘭、風蘭
えびね 長生蘭 セッコク
ニオイ、コウズの原種
オリジナル交配実生
紫仙人、金鵄
自作実生ラシャ葉

その他のご意見

セッコク、
分類できない回答 その他の蘭
全部
回答できません
十八学士(高価ではありませんが,葉姿,花形,匂い等が大好きです)
恵蘭
先頭に戻る

★☆栽培に付いて☆★

2-1 現在栽培されている種名と鉢数(実数比)

実際に栽培されている種名と鉢数のバランスです。

1-1 今貴方が栽培している蘭の種類での回答には鉢数が反映されていませんが、こちらは回答頂いた全鉢数(25219鉢)の中に占めるそれぞれの種の割合です。
寒蘭、春蘭の割合が極めて高く、1-2今後最も力を入れたいと思っている種の結果に近い数字です。1-2を参照

先頭に戻る

2-2 お棚の収容能力にまだ余裕はありますか

その中寄せられたご意見

空き地を近くに物色中
余裕は20鉢分位なので、良いものを揃えたい
売らなければ入らない状態です
無いが、蘭舎をたてる土地はある。
余裕あり、年々鉢数は減少している
収容、管理能力の余裕なし。しかし外に行くたびに今だ増加中。
もう少し行けるかな。奥さんは「もうだめ。」といってます。
冬は家の中に取り込む関係で余裕はない。
先頭に戻る

2-3 自分で管理できる適正な鉢数は

寄せられたコメント

50鉢程度で、高品種を少数精鋭で育てたい。
充分に面倒見るとすれば100鉢が限界である。
100鉢程度が限度とは思っているが、増やしたい。
きちんと管理しようと思えば200鉢位
寒蘭300鉢のみで手いっぱい
今の鉢数が限度と思います(1000鉢)

☆★所有鉢数に関わらず、現状程度を理想(限界)とするご意見が多い様です。

先頭に戻る

2-4 難しくて手におえないと感じたものは

品種に起因すると考えられるもの 種に起因すると考えられるもの
黄葉・葉芸
対馬産(無名)の黄色葉
福寿の華、払越,流星光,他
特にこの品種が難しいと感じたのはありませんが、葉の色が薄い(白、又は黄色が咲くのを期待して)物系に苦労しています。
ピアナン白花
天照雪(葉先が枯れやすく花が着かない−約10年余り)
日向白竜がやや難、天照雪は花が付かない等
ケイラン、桑原晃
払越産(大和錦)
野性蘭で「つちあけび 」
ミヤマウズラ(錦蘭)
アツモリ草、金蘭、銀蘭、鈴虫草など 知らない間に消滅した。
高山性のラン(2名)
鈴虫草
コケイ蘭
あつもり草
えびね(バイラス病感染)
麦蘭
スズムシソウ
みやまうずらなど
栽培状態に起因すると考えられるもの その他のご意見
豊雪・・・一度機嫌を損なうとなかなか思うように育ってくれないような気がします
寒蘭山取り(宿毛と記載してありましたが、まだ花を見ません。)
春蘭全体
春蘭 (寒蘭と同じ栽培をしたから)
春蘭:植え替えをこまめに行っていないせいか、根ぐされが多い。
日本春蘭(種つけに弱くダメージ大。すぐ蒸れる)
手に負えないと感じるものはないですが、日本春蘭の赤花や朱金色の色を出すのは相当難しいのだろうと思います。株は持っていますがうまく咲かせたことはありません。
中国春蘭 朶々香を枯らしました。
風蘭が難しいと思う。
風貴蘭
フウキラン:満月、富貴殿(2度とも枯らしてしまいました、スパルタ作りではムリ、あまりにも高くつきました)
長生蘭 葉ダニと根の細さ
えびね
ウチョウ蘭、チドリ類、エビネ
ウチョウラン
ウチョウ蘭・・枯らしてしまった。
報歳(ケイラン)
日本春蘭、杭州寒蘭
自然に生きている植物ですから、全てですね。
寒蘭以外やっていない
寒蘭のみですから
高知県宿毛坂本 坂本花卉センターで購入した寒蘭
今のところ無いが柄物で美しいものは危険なので手を出さないようにしている。
現状栽培している品種は特にに難しくありません。寒蘭は春蘭と同居の為年々鉢数が減少しています。
それほど感じていません。(以前は春蘭、寒蘭共に)
まだ経験が浅くて分かりません。
経験浅く手探りの状態
枯らしたのが多くて
別にない
ありません
ない
特に無い
特にありません。
地生蘭は経験がほとんどありません
特に無し(興味が無く放任)
先頭に戻る

2-5 栽培の注意点や栽培の苦労は

環境に関する問題 栽培に関する問題

日照、遮光       
夏場の管理        
通風                        
乾燥                        
空中湿度                 
自然に近い環境作り  
葉先の枯れ込み       
冬場の管理
置き場

12件
10件
9件
2件
2件
2件
1件
1件
1件
1件
潅水                               
施肥
病気
害虫                            
用土                                 
蒸れ、根ぐされさせないこと
バック株の処理                  
その植物の適した環境つくり 
柄物の栽培(斑が減少)       
花色の出し方 
活力剤
蘭がかもし出す雰囲気(花)

24件
9件
8件
 5件
 4件
 3件
1件
1件
1件
 1件
1件
1件
1件

その他の問題 分類できない注意点
時間の余裕がない       
猫の被害と子供の被害 
盗難                          
棚が狭い                    
4件
1件
1件
1件
種を採ること
愛情込めて
水遣りですが東洋蘭ネットワーク
岩村さんのページを見させて頂き
参考になりました。
 
先頭に戻る

2-6 栽培法でこだわっている点は

類似していると思われるご意見を順に並べました。それぞれの方の思想が反映されている点で良いです。
1日2回の(冬はAMのみ)葉面噴霧...HB101等
水 肥料
水遣り
水やり
とにかく水管理
空中湿度
用土と水遣り
用土。配合が楽しみの一つ
土と栄養と日当たり(多すぎますか)
できるだけ日光にあてること
できるだけ朝日に当てるが昼以降は日に当てないようにしている。
肥料は 辛く、陽は強く。
なるべく光を多く当てて締めて作ること
置き場所
肥培法
肥料を試行錯誤中
ダンボール栽培を試しています。
寒蘭の植土は現在、表土のみ黒土、下は薩摩土を使用
えびねの水漬け栽培法(鈴木保夫氏からの伝授)
用土の洗浄。植え替え時のてあらい、はさみの消毒。置き場の工夫
散水の回数,培養土
光量の調節。鉢の中の湿り具合。葉姿の整った栽培法
栽培管理をマニュアル化し、適期最小限の管理としている。
出来るだけ簡単にできるように
徒長させず葉姿全体のバランス
寒蘭は肥料をやるとかなりの大株になるが、小さめの鉢に植え肥料を控え、大苗、多花にならないようにする
あまり、大きな木にしないよう気をつけている。大きな木になりすぎると、どの蘭でも、寒さに弱いような気がする。
根の綺麗な成長を心がけています
ガッチリとした葉姿に
なるべく雄大な姿に
たわめたり、極端に太らしたりはしたくない。花軸はまっすぐ葉上を抜きたい。チャボは関心がない。(寒蘭独特のおおらかさが感じられない)
必ず日に一度は蘭室に行き声をかける。一年中、日中には潅水をしない。
出来るだけ自然づくりで管理する
蘭坪の土と還元性の水。
自分の環境、栽培法にならす。
いかにして自然の状態で育てるか。
美術品の作出
自然栽培−なるべく雨水にあてる。
自然作り、スパルタ栽培
野性的に育てたい
がっちりした、野生作り
肥料をやらずにしかもガッチリと育てること
初心者でも作れる栽培法(少肥料での根作り)
毎日の観察
出来る限り話し掛けてやる事。
特にありませんが、1鉢1鉢との対面は大切な栽培法だと思っています。それぞれ個性がありますからね、何万という数のなかから選別された蘭ですから。僕にとっての蘭は、自分の大切な時間と空間をともに共有してくれればいいだけなんです。
必ず(純粋種としてセルフの)種を採ってやること(生命としての使命を全うさせることだから)育種としての栽培と園芸的品種生産
まだこだわるだけの技量無しです。
一株一株の持っているいいところをできるだけいい状態で出せるように。
花が良く咲くか
まだ試行錯誤中
別に無し
別に無
今の所有りません。
今のところよく判りません
まだ、その域に達しておりません。
特になし
特にないです。 スペースが少ないので厳選しているつもりなのですが、、、。
なし
先頭に戻る

★☆東洋蘭ネットワークに付いて☆★

3-1 東洋蘭ネットワークの良い点は

リンクに関して オークションに関して
即、閲覧できる。 何事も早い。写真の即閲覧できる。
多くのリンク先がある
皆さんのHPを見て蘭作りを楽しめる
検索する必要が無い
良心的な(今の所)オークション制度は楽しみ。
近頃の蘭の動向
オークションに気楽に出品出来ること
オークション
オークションが開設されており欲しい東洋蘭が入手できる。
希望値で取引できる
寒蘭の場合、安く購入できる。
情報に関して ネットワークに関して
東洋蘭に付いて古い考えや新しい知識など情報が得られる
いろんな愛好家の話しや育て方など非常に参考になる。
映像をリアルタイムで見れる
色々な寒蘭の情報がはいる
美しい写真を、拝見できる点です。
蘭に関する色々な情報を頂ける。
手頃に情報が入るところ,その情報が新しいところ,
各栽培経験者の情報入手
新しい情報が得られる。
新花等について早く情報を得ることができる
人気投票や新芽会等の企画に興味が持てる
情報の収集・発信
情報提供
家に居ながら産地の情報が得られること。
東洋蘭の情報入手
気軽に蘭の情報が得られる
いろんな人の体験が聞ける(読める)こと
写真を見ることができること
学識経験者の皆様の生の情報が得られるところです。
メールを使用し直に質問が出来る。
栽培の参考になる。
各地の色々な情報が入手できる。
各地の情報、栽培について参考になる
定期的にメールが来る事
あらゆる情報が入手できる
全国の愛好者の考えや取り組みが分かる
いろんな地域の情報が得られること
いろいろな情報がわかる。
栽培について自分の持っていない知識が入ってくる。
自分の知らない世界が見られる処
栽培法や新花の情報が聞ける
栽培方法や技術等の情報交換ができること
非常に気安いところ
多くなってきたとはいえ、まだまだマイナーな東洋蘭の仲間を結びつけてくれること。
かなり本音に近い情報交換が出来る。
広い地域の人との情報がやりとりできるところ
単なる集団でなく、同じ傾向の趣味を持つ集団なので力を感じます。
いろんな地域の方々の体験談、ホットな情報が定期的に労せずして得られる
おもしろいコメント
好き者だけの集まりで安心して参画できる。
メールニュースが楽しい
普段着言葉で会話され寒蘭の世界をみじかにかんじます。
先輩方の言葉にとても参考になります
今までのニュースを読ませていただいて感心しました
若年層の方も入り易い
独りでも孤立することなく楽しめる
閉鎖的と言われる中で情報交換ができる。これは凄いと思っています!
高知のこまっちゃん、宮川さん、東京の浦野さんに代表されるベテランの方達の蘭談話や珍しい蘭の写真を拝見できる。
全国の趣味家とのネットワ−ク
色々な蘭のベテランの意見を拝見でき参考にできる。
いろいろと情報を知らせていただくところ。大変でしょうが、よろしくお願いします。
色々な物を栽培してみえる人と意見交換が出来ること。
色々な情報交換ができる場であることを期待している。
AONを通じ友人知人が出来そう。
同好の人の存在を実感出来る。
蘭友
仲間ができる
参考になる貴重なメ−ルを頂戴できる
全く自由に参加でき蘭についていろいろ知ることができる。
その他  

 

 

 示唆に富んだご意見を頂き感謝しています。
今後の
東洋蘭ネットワークの運営に反映させたいと思います。

管理者が意欲的。
今後の発展が確実
東洋蘭に有りがちな気難しさが少ない
蘭会全体の底上げに貢献できると思います
いつでも好きな時間に接続できること
安心してメールを送れること
まだよくわかりません。(趣味家と立場が違うので)
返事がはやい
良く管理されている
お世話さまです。
まだわかりません
先頭に戻る

3-2 東洋蘭ネットワークの問題点は

オークションに関して イントラネットに関して
購入品が来るまで心配。実物を見て居ない為、病気が心配。
オ−クションの出品者を実名ではなく、ニックネ−ムなどにすればもっと出品者が多くなると思うのですが。
交換会・販売ネット等、入手方法の充実をお願いします
今の所未だ判りませんが、行儀の悪い人も出てくるかもしれない事。
オークション株で銘品についてもどんな花か知らないものがあります.解説なり写真なりがあると便利.
オークションに出品される蘭の種類が少ない。
展示会等のように花をみて購入することがないため、品種のリスクが常につきまとう。健康は、特に判断がしにくい。
入札の場合締切期間が長すぎる。
掲示期間が長い
できるだけオークションにたくさん出していただければ・・・
イントラネットは私には使いにくいです。
情報に関して ネットワークに関して
特にありませんが、寒蘭にちょっと偏りすぎかな!
極めて難しいことかも知れませんが、自生しているものをご紹介されることが、よいことかどうか?坪といわれている場所が、ひどくあらされているということを10年以上も前に聞いたことが有ります。愛好しているにもかかわらず、何か疑問を感じております。
寒蘭に内容が偏り過ぎる感有り。また、全くの初心者で、これから始めようと言う人にはにはちょっとついて行くのがしんどい内容が多いのではないでしょうか?私自身も、「えびね」は20年の経験がありますが、東洋蘭は初心者で、そう言う印象を持っています。このネットを広げていくためには初心者も入りやすくなるような企画が必要ではないでしょうか?
季節柄なのか、寒蘭系の意見が多い、他の蘭の意見も聞きたい。
寒蘭栽培が主で、中国蘭等についての情報に乏しい。
皆さん専門家の方なので、始めたばかりの素人が参加しづらくメールを読むだけの領域から出て行けない点。
参加者が皆さん栽培のベテラン揃いとなって来たせいか、内容が若干専門的となってきて、初心者には一寸参入し難くなってきました。
考えをある程度まとめないと投稿できない。もう少しフランクに書きこめれば良いと思う。
顔が見えないので誤解等起こさないかと心配です
かなり決まった人のコメントが多い
参加者の嗜好に格差がありそうで、相手が見えない。参加しずらい。
少し、初心者の参加がしにくいかも。
蘭人口の割にはメンバーが現在は少ないようです
各自が積極的に参加・行動しなければROM(読むだけ見るだけ)では意味がない。
情報が投稿の多い方に偏る心配があります。
蘭を通じた他の趣味などのコミニュケーションが広がれば・・・
会員数が現時点で少ない。
投稿者がベテランばかりで、簡単な質問がし難い。
関東の参加者がまだ少ない気がする。
発言者が限られる
顔や声が見えず、何事においても警戒した気持ちが先にある。
その他 管理人の言いわけ・・・
野口さんに、いろいろな面で負担がかかっている
野口さん一人に負担がかかっている。
入会したばかりですがこのままでよいのでは。気に入っています。
管理される方の負担が多く気になります
参加されている皆様の豊富な情報に対し、自分の未熟さと情報の無さ。
現状で満足。
なし。なし。特に有りません
特にありませんが、寒蘭という趣味はマイナーな趣味ですので、広く多くの人に寒蘭の良さを知ってもらえるように今後とも頑張って欲しいと思います。
特にありません。特にありません。特にありません。特に無い。
不明。
写真は見たいが、重くて時間がかかる。
入会したばかりで問題点わかりません。
加入したばかりでよく分かりません。
最近知ったたので、分かりません。
特に思いうかばない。
まだ分かりません。
まだみえません。まだよくわかりません。まだ良く判りません。
まだわかりません未だ解りません。今はまだわからない
わかりません。解りません。解らない。
オークションに関して
寒蘭の専門業者である「風林火山」さんとは、価格面やトラブルの処理などを何度も話合っていますので、ご安心ください。
また、ニックネ−ムの件ですが、当初はそれで受付けていたのですが「入札者にとって不安が残る」との事で、現在のフルネームでの受付に変更しました。尚、出品者に関してはネットワークのメンバーに限らせて頂いていますので、基本的なID情報は把握しています。
次に掲示期間ですが、現在は出品者の申告によって決定しています。長期間を掲載期限としているのは、できるだけ成約して欲しいと思うからです。
イントラネットに関して
現在はそれほど活動していませんが、メンバーのメールアドレスをインターネット上に露出できませんので、相互交流して頂くためにご利用頂きたいと思います。将来は全国の寒蘭名鑑をデータベース化できればと思います。
情報に関して
問題は私が春蘭に関しては殆ど素人同然だと言うことにあります。春蘭の情報(何でも可)を持っている方はメールを出してください。
初心者向けの内容ですが、何より初心者を自負する方からのメールをお待ちしています。初心者向けの企画は、何か必要だと思っています。
寒蘭の坪の件ですが、ネットワークメンバーのHPで、具体的な場所が分かるような記載は無いと思います。メンバーの誰もが坪の荒れる事を望んでいませんし、そのような事態は避けたいと思っていると信じています。以前、ひろたさんに「荒れた坪の写真を撮っていただけないか」とお願いしたのですが、「あまりの惨状に写真が撮れなかった」とのお返事を頂きました。皆で考えねばならない問題です。
ネットワークに関して
ベテラン、専門家の発言が多くなるのが自然かも知れませんが、決してそれを望んでいるわけではありません。話上手、聞き上手がいてバランスが成立つと思います。インターネットを特別なものとしないためにも、気軽にメールを頂きたいと思います。なんか言いわけの方が長くなりました。この辺で終わります。
先頭に戻る

3-3 東洋蘭ネットワークに希望する事は

ネットワークに関して イントラネットに関して
メンバー全員の共通の行事やイベントの開催。
我々初心者にも気軽に参加できるようなネットワークにして頂けたら幸いです。
多くの仲間が増えること,もう少し簡単に色々できるようになること
会員が増えて素晴らしい集団になることを期待いたします。
もっと多くの会員を増やし,蘭栽培の初心者から名人までの,幅広い意見を取り入れる。
メンバー数の増加
たとえば、寒蘭の本場の地域の方の積極的な参加。
中国・台湾などの情報も入るようになればと思います(言葉の問題があるかもしれませんが).
会員数が多くなること。
沢山の人が参加される事
もっと沢山の方のリンクを載せて欲しいと思います。
「掲示板」の様なかたちで気軽に情報交換
掲示板のほうが嬉しいです。
先ずは命名品種の集大成
情報に関して オークションに関して
レタチソフトを使わない生の画像 栽培についての連載記事
初心者の講習会的な事もやって欲しい
できれば、全ての名品の(まずは古典的なものからでも)写真付き解説と、現状の適正価格を調査整備してほしい。
東洋蘭の情報センターとして機能して行くこと
情報が寒蘭に方より過ぎ
薩摩 肥前 紀州の情報がほしい
未熟な上、十分な栽培施設も持っておりませんので、小規模な初心者にも親しみが得られるような、栽培の基礎を知りたいと思います。
管理上のアドバイス的解説。
ベテランの方が多いので、「東洋蘭」の経験に基づく栽培法、環境、色の出し方、花芽の付かし方、等の基本的ノウハウを初心者向きに公開して欲しい。
今後、カンラン記事、春蘭記事、フウキラン、チョウセイラン、他等の分類できれば各方面の参加者増えるかも。
皆の秘蔵品をネットで見るだけでも楽しみです。自慢や批評するのも楽しいと思います。
マニアックで掘り下げた話題も良いが、初心者的な軽い話しも明るくて楽しいのでは。
栽培方法について各地方、各人の技術情報を聞きたい。蘭栽培には、ウイルス問題は避けて通れない問題であり、新規情報を知りたい。
春蘭の情報が寒蘭に比べ少ない。
春蘭の情報交換を望みます。
蘭展(例えば寒蘭などの)開催地と日時などがより広く分かれば嬉しいのですが。
私は一寸した趣味で培養しているだけで、皆様のような高度なノウハウは持っていなくて、何も提供できませんが、今後とも宜しくお願いします。
メールニュースでmabito氏がおっしゃっているのですが春蘭の便りが少ない。自身、何も発信していないので大きなことは言えないのですが、春蘭の仲間が増えればと思っています。
マイナーな蘭についても情報がほしい。
オークションの品種を増やしてほしい。
オークションの充実。
あまり変わった物が手に入らないのでそういったものをオークションなどに出して欲しい
オークションの参加人数の増大
オ−クションがいろいろある中で、東洋蘭のオ−クションは他にありませんので今後ますます発展されることを望んでいます。
関東地区にて定期的に販売会オークションの企画等
一般の人に、東洋蘭の栽培が「高額なも」というイメージを払拭して、広く普及させることを主眼において活動されることを希望します。また、相場形成のスタンダードみたいなことにならないで、あくまでも適正価格の普及を希望します。
今後一般の人にも東洋蘭の良さを広めて東洋蘭ファンを増やす事、今まで東洋蘭は高いのイメージがあるが昔からの名品が手ごろな価格で手に入る時代になっているので、名品を大事にし広く手ごろな値段で配布できる様になればファンも増えて、東洋蘭の世界が広がると思います。
中国蘭、一茎九花、等についてよりたくさんの情報が欲しい、またオークションに出品があればよい(僕自身あと数年待って欲しい、そうしたら余剰株を出品できる)
現在のシステムの一月締め切りのオークションは今月のように花の付く時は少し長いように思います。例えば蕾付きで掲載しても開花した物や花の終わった物をお渡しする事になります。増株を譲って替わりに新物を求める時サイト出品のものを一月担保する事は少し不自由です。又入札の現在の価格表示をしますと欲しい方も長期の競りですので出足が悪く価格はあまり付かないでしょう。私個人としては以前の「何人入札」の表示の方が楽しいように思います。 ご心配のように出品数の確保や管理される方の作業負担の問題もあって難しいことと思います。以前お話したオークションの価格の件ですが最近結構高額な品の取引がある様ですので入札,応札に参加される方のある程度の紹介欄や紹介者又東洋蘭メールニュースで少しの間お付き合いを戴くとかのチエックが有ればありがたいです。
その他 管理人からの謝辞
主宰される方にはご苦労に存じますが、ぜひ発展、継続させてほしいと思います。
継続してください。
まだ考えていない。
特になし。
よきアドバイザ−を希望します。
そこまでのゆとりがありません。
恥ずかしながら、こんな私でもお仲間に入れていただくこと。
今のままで十分です。
加入したばかりでよく分かりません。
期待は大。
これから考えます。
わかりません。
今のところ希望する事がみえない。
何時までも続けて欲しい。
まだ、希望を述べる段階ではありません。
 現在までに60名のメンバーの方々から回答をお寄せ頂きました。まことにありがとうございました。しかも、ただ単に答えるだけでは無く、貴重なコメントを頂いたことは感謝です。特に批判的なご意見は参考になる部分が多く、今後の運営に反映させたいと考えております。
 情報の提供に付いては、インターネットの最も特出した部分であり、今後もいっそうの努力したいと思います。しかし、ネットワークは私が意見発表をするのを目的としているのではなく、皆さんの意見交換を目的としています。自由にメール交換をされる事を希望します。「誰にメールを出したものか…。」と考えていらっしゃる方は、私にご連絡いただければ、ご紹介いたします。
 オークションに付いてのご意見ご希望が多かった事は、うれしい誤算でした。私を含めて「産地・中心地以外の趣味者」にとっては、優れた新しい品種を手に入れることは難しく、業者の発行するリストは一方的な情報なので信頼性にやや難が有り、度々産地に出かける事もできないのが現状でした。蘭を介して新しい友達ができれば何よりだと思います。
 頂いた回答の中にも有りましたが、東洋蘭人口に比べてネットワークメンバー数は微々たるものです。しかし、近い将来「ネットワークメンバーを無視して東洋蘭を語れない」という時代がきっと来ると信じています。韓国のサイバー蘭会「ランマウル」のメンバーの方々に会って、インターネット普及率(特にブロードバンド)で日本は大きく遅れている事を実感いたしました。韓国においては既に300万人が24時間高速インターネットに接続しているとの事です。日本でもあと3年もすれば韓国並に普及するものと思います。その時こそ、東洋蘭ネットワークが真価を発揮できると信じています。
先頭に戻る

★☆その他ご意見、ご感想が有れば☆★


長く、やってほしい。他では、まだ、このような、ネットワーク状のコーナーは見たことがなく、草分け的な存在と思われます。このネットワークの評判しだいで、東洋蘭のネット上でのH,P等も影響されるのではと、思います。その、意味からも、会員の吟味も大事と思います。これからの、隆盛を期待します。

まだ素人なので分からないことばかりですが、先人のアドバイスを受けながら育てて行きたいと考えています。

画像入りの交換会などを沢山して欲しいです

御ホームページに掲載されている「大阪国際らん展」の投稿を読んで感じることは多いです。ここまで深く考えたことはありませんが、僕が思うに、それは所詮1つの草花なんです。無神論者でこのような奥深い思考のない僕が、蘭と接して心の平静を感じ、その花を心から好きになれることの理由は分かりません。確かな理由をつけるまでもなく、このように感じている人は多いと思います。蘭とのひと時は、ほんとに幸福な時間です。子供達とともにすごす時間と同じくらいに。(でも、なぜ好きなのか、一度、このように深く思考してみるのも楽しいかもしれません)

東洋蘭にはニセ物の横行、価格の下落などの問題がありますが、特に価格があまりにも下落すると大事にされなくなり、品種の散逸につながります。中国春蘭一華と九華がそれに近い状態になってきつつあると思われます。寒蘭もむかしあまりにも高かったため、価格が安くなるのは大歓迎だったのですが、ここまで下がると下がり過ぎではないかとも考えるようになりました。

春蘭、富貴蘭、長生蘭の情報量を我々愛好者がもっと頑張って増やそうと思いながらもツイツイ管理者にオンブニダッコで!反省しています、 がとっても居心地がよくて!

私の趣味に合ったネットワークで大変ありがたいと思っております

盗掘と無責任な種の山への散布を止めさせること。正しい育種指導と園芸的努力の奨励。山採り、山戻しの危険を訴えること(このままでは、特に土佐寒蘭は山戻しを理由に自生地絶滅宣言をされてしまう!「山へ戻そう」などという馬鹿な運動は止めろ!! 残った坪を守れ! と言いたいので、ご理解を)

昔、東洋蘭という本を読んだ際、有名な方々の談話の中で、台湾でうまく安価で購入したことが、自慢下に書かれており、幻滅したことが有ります。趣味の愛好者では、相互の入手情報は重要なことでしょうが、投資のようなイメージは避けたいものと思います。勝手なことを書きましたこと、ご容赦ください。

私はあくまで趣味の一つとして、ささやかに楽しんでいるので、その方面の交流が欲しい

今のところ特にありませんが,自分の持っている物が上手に写真に撮れて,オークションにうまく出せて高くなくていいからほしい人に渡すことができればうれしい。

何時もお世話になり有り難うございます。今後とも宜しくお願いいたします。

管理者の野口さんのボランティア精神に敬意を表します。頑張ってください。

毎回の発行楽しみにしています。編集お疲れ様です。

期待しています。今後とも頑張ってください。

1. 情報の世界です。メンバーも大幅に増えると思われます。 2.メンバー皆で東洋蘭ネットワークを盛り上げたい。

寒蘭の本場としては、古い名品の復権を望みたい。名画は永久に名画、時代の要求に左右されるのは銘花たりえない。寒蘭の良さの根本に帰るべき。自分の山で白菜を作ろうが、寒蘭を作ろうが、だれにも文句を言われる筋合いはない。

ネットワークがいつまでも続きますようにお願いします。

オークションの落札価格を公表できないものでしょうか?

ネットワーク運営の労力・資金については,主宰者のご好意に頼っているばかりで,今後もこのようなすばらしい恩恵を私ども会員一同が末永く得られるためには,何か助力する方法を考えるべき時期かもしれません.

仕事の忙しさから、蘭の世話に疲れ気味だったが、ネットワークの皆さんの熱心さに刺激を受け、新たな闘志を燃やしているこの頃です。

リンクを貼っていただいたお陰で、新しくHPを見て下さる方が増えたようです。

「寒蘭の部屋」「春蘭の部屋」等を開設してはいかがですか。

初心者ですが、この会を通じて色々吸収していきたいと思っています。

大いに頑張って

この会の一層のご発展を願っています

蘭の情報等について貴重なネットワークです、管理が大変でしょうけど頑張ってください。

Copyright (C) 1999  [AON東洋蘭ネットワーク] All rights reserved.
更新日 : 2003/08/29 .