球磨産クレオパトラ更紗

 

球磨産の更紗です。この蘭は日本寒蘭愛好会の会員だった方から頂いたものですが、その方とはその後音信不通となってしまい、ご高齢でもありましたので、もしかすると形見になってしまったかもしれません。頂いた時のラベルに「球磨産クレオパトラ更紗」とあり、クレオパトラとついているのだからそれなりのものだろうと、楽しみにしていました。そのクレオパトラが開花しましたので報告します。残念ながら鼻の低いほうのクレオパトラでした。

クレオパトラには諸説あるようで、彼女の鼻が少し低かったら歴史が変わっていた、というのに対して、実は鼻は低かったのだが才気煥発でシーザーはその政治センスに惚れたのだというのが代表的なものだと思います。

この花は蕾の時は花間が広いようなので期待が持てたのですが、政治センスに優れたクレオパトラでした。