東洋蘭ネットワーク メールニュース(13)     ⇒次の    戻る
 

日一日と春めいて、もうすぐ桜の開花情報が聞こえて来そうです。蘭と共に冬眠していましたが、そろそろ活動開始です。
まず、新しいメンバーを紹介します。
 --------------------------------------------------------------------------------

雪国で富貴蘭を育てて15年です、いまだに日照、温度等悩みが尽きません。57歳男性です,ぜひお仲間に入れて下さい。
-----------------------------------------------------------------------
私からの返信です。

私は富貴蘭の安いものを交換会で入手し、いくつか作っています。10年ほどは枯れたことが無く、富貴蘭は枯れないものと思っていましたが、一昨年、最初に買った無地の風蘭を枯らせてしまいました。たぶん原因は、春蘭などの表土に付く黒いカビ(名前は知りません)のセイではないかと思っています。
新潟は春蘭の名品の産地でも有り、盛んなのでしょうね。

野口
-----------------------------------------------------------------------

早速メールニュース(12)を送って頂きありがとうございました.今後とも宜しくお願い致します。
新潟は雪も消えて遅い春を迎えたところです.今の時期は県内アチコチで雪割草の展示会が真っ盛りでどこの会場も大盛況です。 私の蘭舎の富貴蘭まだ冬眠中ですが、そろそろ目覚ます時期です。又植え替えで忙しくなりますが葉がイキイキとよみがえってくるのが1年で一番うれしい時期です。
                                      
(パソコン1年生デス) 片桐 貢 (メールアドレス ****@kisnet.or.jp)
-----------------------------------------------------------------------

我家の蘭の葉もまだ艶が戻っていませんが、もうすぐ目覚めると思います。富貴蘭の植替えは春が適期なんですか、私は六月頃にやっていました。

--------------------------------------------------------------------------------

今晩は、メールは無事に2回届きました。いつも楽しく読ませてもらっています。
また会員のホームページが一覧になりいろいろな人がいるのが楽しいです。
メールニュース11号が有りましたら送って下さい。お願いします。
ではまた (^o^)丿

◇◇◇◇◇ーーーーーーーーーーーーー
tahara
  E-mail:****@pastel.ocn.ne.jp
********************************
-----------------------------------------------------------------------

2回届いた所もあったんですね、申し訳ありません。「赤禿げ」さんともお話していたのですが、Y2K対策やらwindows2000のインストールやらで、またもや今までのメールを無くしてしまいました。何方か以前のメールニュースをお持ちの方はtaharaさんのアドレスに送ってあげてください。お願いします。

--------------------------------------------------------------------------------

メールニュース有難うございました.初心者ですのでまた時間のあるとき寒蘭のホットなニュースご紹介します。

岩村 勉 <****@d4.dion.ne.jp>
-----------------------------------------------------------------------

このメールが岩村さんからなのか、それともマキさんからなのか、それによってこちらのリアクションも違ってきます。もし岩村さんなら、土佐会で活躍されている寒蘭のプロですから「誰が初心者やねん!」とツッ込みたくなりますし、マキさんなら素直に「お待ちしています。」と言ってしまいそうです。(魅力的な女性に弱いもんで…)

-----------------------------------------------------------------------

以下は岩村さん?宛に差し上げたメールの一部です。

メールありがとうございました。メールの差出人の名前が書いて無かったので、岩村さんからなのか、それともマキさんからなのか、判断しかねています。
中略
インターネットを使った別の角度からの「最近の寒蘭の動向」(例えば写真を添付するなどの)お話を聞かせて欲しいと思います。今は広弁花が目立ちますが、「実際に売れている花はこんな花だ。」とかも知らせていただきたいと思います。

昨年「名の浦産の青」と称する花を2種類ほど入れましたが、いったい「ナノウラの青」がどんな花なのか知りません。教えて下さ〜い!。

--------------------------------------------------------------------------------

今日は。岩村です。いつもご丁寧なメールーを有難うございます。真紀ちゃんは歯痛の為ダウンしています。
野口さんのホームページ楽しく拝見させて頂いています。寒蘭の方は如何ですか?
大分春めいて来ましたので暖かい日の植え替えなどは思いつきやすくなりました.。
蘭の中でも春蘭は今が賑わう時ですがカンランは今からといったところでしょうか。
遅くなりましたが私の自己紹介をさせていただきます。
先ず店ですが.風林火山の販売は一般普及品の全国通販が主で店頭販売は四国の西南地区の道の駅や各市町村の特産品の販売場でお世話になっています。
郵政事業の全国特産品ふるさと小包みカタログでは「土佐の近郷自生蘭」をなぜか愛媛の方から発信させてもらっています。もともと蘭好きが高じてこの道に入ってしまいましたが蘭のことは浅学で恥ずかしい限りです。

若い頃(今でもそのつもりですが)大阪で色々な生活をしました。対面販売の市場が活況のあった頃です。犬好きが縁でペットショップもやりました。株やも釣り雑誌の記者もしました。20数年大阪で暮らして資力の無い自分と日々気忙しい都会に見切りをつけ田舎の方へ帰ってきました。釣り雑誌のコーナーに「私の料理」という欄がありそれがきっかけで10数年前宴会場を思いつきそのとき新築祝いにもらった寒欄の一鉢が今の仕事の縁になっているような気もします。タダでもらった蘭はずいぶんと高いものに成ってしまいました。

娘の愛読書(漫画)にありましたミツルさんの(人生は掛け算だ。どんなにチャンスがあっても君がゼロなら意味が無い。)とりあえず面白おかしく生活が送れればいいなあと年甲斐の無いことを信条に西に東ヘと頑張っています。
以上です。(取り留めの無い自己紹介で申し訳ありません)

蘭のこと少し。
私見ですが、いい花と売れる花は違うようにおもいます。良い花とは「品格がありバランス取れている」ことで売れる花は「特徴と個性」のあることが大事なように思います。

名の浦の花のことを少し。
花に流行ががあるように産地(坪)にもそれがあるようです。楠山の払い越し、中村の間、吉良川の名の浦…、これらの坪の良花の確立がどのくらい高いかは解かりませんが本当に良い花の採れた坪から、現在小苗を見つけることはかなり難しく思えます。

例えば払い越しですと仮にその付近で小苗が取れたとしてもはつ国や大和錦のような厚地のものは先ず無いでしょう。もちろん本坪に近ければ払い越しの特徴を持った花は咲きますが良い花となると別です。しかし山取りや未開花苗を作ることはその上に有る山取り蘭栽培者のもっとも楽しいところだと思います。
話を戻します。
名の浦の花ですがご存mのとうり品代錦、瑞鶴、明の星など今の人気品が沢山出ています。品種によっては産地登録を吉良川で止めていますが名の浦産の名品はかなりあるようです。一般には大輪で切れがよく品のある花が多いと言われています。紅花では余り良いものは出ていません。花間は良いようですが子房は短いものが多いようです。

たいへん長くなってしまいました。また時間のある時ご一報申し上げます。

   風林火山  岩 村 勉     

--------------------------------------------------------------------------------

高知の赤禿です。
メールニュース(12)無事に届きました。いつもありが゜とうございます。
なお、16日のものも届いていました。ずーと前のことになると思いますが(11)は届いていません。

----------------------------------------------------------------------

メールニュース(11)ですが…、たぶん、Windows2000を再インストールした時に、ハードディスクの露と消えてしまった様で、何方にも届かなかったのだと思います。……

まことに申し訳なく思っています。

--------------------------------------------------------------------------------

「東洋蘭ネットワーク」に参加を願いします。

 パソコンもホームページも始めたばかりの素人ですのでよろしくお願いします。幼稚な内容です。それに蘭だけでなく四国の山のページも加えていきたいと思っていますがかまいませんか。

 ひろたhttp://www1.ocn.ne.jp/~kanran/index.htm
  
 山採りがほとんど  栽培は下手  ほかに登山が趣味

-----------------------------------------------------------------------

「赤禿げ」さんから御紹介頂きました。土佐寒蘭の名品が出た山の状態などをお聞かせ頂きたいですね。特に産地保護の問題に付いて考えて行きたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------------

 今年の春蘭はいかがですか。
22日まで花の文化園で展示会をやっています。

平林
-----------------------------------------------------------------------

私も「神戸蘭展に来ないか。」と誘われているのですが、仕事の都合で行けそうにありません。ちなみに神戸蘭展の会期は3月26日の出品から始まり、4月2日が最終日です。もし時間があったら行かれてはいかがですか。会場には友人が誰かいるでしょうから、私から聞いたと言っていただければ案内してくれると思います。

--------------------------------------------------------------------------------

メールをいただきまして感謝です。
最近のニュースとしては、寒蘭のフラスコのシュートが伸びてきています。

日光×極楽鳥が非常にいい株が一つだけできています。
なにせ初めてのころの播種ですので、タイミングなどバラバラです。
ほかにも15本ほどのフラスコで寒蘭が発芽ないし、ライゾーム生育が見られます。
豊雪に掛けた三世冠との交配も種から薄い緑色の点々に変化して色の変化が楽しいです。

これも園芸であり、命の色彩変化は水をやらないでもいいわけですからモノグサには最高です。二年も三年も水遣りを考えないで済む、至高のモノグサ園芸。

しかも、自然界を痛めない。
影絵グループの考えは今ひとつ分かりませんが時代を先取りしたために業界が変わったように思え、プラスに解釈しています。

高山 数生

42歳 ジャーナリスト
-----------------------------------------------------------------------

前回のメールニュースでお知らせした様に、高山さんは東洋蘭のフラスコ培養をやっていらっしゃいます。お話しの中の「影絵グループ」ですが、春蘭の人口交配品種を中心に販売されているようです。高山さんと同じく、その趣旨が今一つ理解できないので、コンタクトを躊躇していますが、いずれは考えを聞いてみたいと思っています。

--------------------------------------------------------------------------------

京都の我が家の春蘭も咲いていることでしょうから帰りたいのですが、今月は洛風会の春蘭展の都合上、すでに2度帰っていますので、この連休は東京にいました。

この3連休はちょうど東京で2大全国展がありましたので、両方見学してきました。

18日(土)鎌田(御園神社):全東連の大会
以前の東京単身赴任のときここでフウキランの交換会があり、しばしば休日に行っていました。
大会だからもっといいところでやればとも思いますが・・・・・
ほとんど春蘭ですが、数点他のものも展示されていました。到着したコロはやっと賞がきまり、雛壇に並んだところでした。とりたててすごいものは見当たりません。洛風会の名作者のほうが美しく咲かせているぐらいです。
ジュラクエンの平見さんが一押しの始皇帝(カンキュウカテイの縞)一輪咲いていました。赤みを感じる中透け花、落肩。数千万と言われていました。
この花は以前から知り合いの大森の元歯科医さんが平見さんからこの株しかないのでとのことで3000万で購入され、その後(数年後)、チンザンソウの全国展で展示されているのが判り、ひともんちゃくあったそうです。洛風会の即売会なら、いわれを知らないで、株、花だけ見ていたら2万円でしょうか。

20日(祝日)八王子(葵記念会館):全春連の大会
東京の超一流のホテル、チンザンソウから場所を変えての大会。場所わからず駅周辺うろうろし、電話で確認してやっとたどり着いた。
まだ、入賞の札も立っていませんでした。佐藤会長の挨拶のころほぼ入賞株の整列となりました。
やはり、こちらの方が満作の大株多くみごたえあります。色花は大株の違いはあれど、洛風会の名作者と変わりません。
幽谷殿:大株に大輪の花、久々に本以上の実物がみられた。並んでいた天遊にも負けない花でした。
清鏡:葉芸はそろはないが花は幽谷殿以上(花型、縞花のメリハリ最高)、こんなに株も花も大きくなるとは、我が家の株、花の倍はある、スゴイ。
無名:まんまる巨大素心、極厚葉、花舌まかず、まん丸。バケモノだ。皆の注目最高。業者1000万で手放すかなと・・・・
神秘(不明):韓国の月輪タイプ巨大輪、中真っ赤。花型も最高。
この日は2時から5時まで即売会併設。高いこと高いことびっくり。でも、普通の売店にはでない無名一品物だらけ。即売会なのに価格、時価にはまいった。
富貴の光の懸賞株(鎌田で入賞していた株かも)も即売されていた。色よし、型よし、舌の赤点も最高の品、もちろん値もよし。
月刊「東洋蘭」の田中さんも取材されていました。

この3連休は今年最後の春蘭見学かも。

では、又

落井由規
****@ichida.co.jp
-----------------------------------------------------------------------

春蘭は何と言っても東京が「本場?」ですね。特に文中の無名素心と神秘は実物を見たかったです。私の方はこのシーズン、どこの展示会にも行けなかったので、羨ましく思いました。そんなわけで、月刊「東洋蘭」の田中さんとも今年はまだお目に掛かっていません。

--------------------------------------------------------------------------------

私の呼びかけに、早速多くの方からお返事を頂きました。感謝しています。
また、岩村さんや落井さんからは興味深い詳細なご報告を頂きました。併せて感謝致します。
----------------------------------------------------------------------
さて、「東洋蘭ネットワーク」のホームぺージを密やかに更新しています。以前に予告していた「インターネット上の交換会」のページを作っているのです。どの程度のニーズが有るのか全く分りませんが、商売では有りませんので、仲間同志の本当の意味での「交換」の場になれば成功だと考えています。
一般には公開していませんが、まずページを見て頂いて、問題点が有れば一般に公開するまでに変更したいと思っていまので、御意見をお寄せ下さい。
現在のリンクは、ポップアップウインドの(新しく作ったリンク集のウインドの事です。)左下の隅あたりに隠してあります。
それを見て頂いた上でお願いですが、「何方か余剰株を実験的に出品して頂ければ…」と思います。併せて宜しくお願い致します。
尚、私自身はこれによる利益を一切考えていませんので、誤解の無いようにお願いします。