東洋蘭ネットワーク メールニュース(32)

 



浦野さんに今年の花芽に付いてうかがいました。

  花芽についてですが、数としては昨年より多いのですが、昨年が悪過ぎましたので例年並といったところです。それよりも花芽の出てくる時期が例年より2週間程遅い様に思われます。大体旧盆を過ぎた頃には確認できるのですが、今年はその時点で確認できたのは2〜3本に過ぎませんでした。また、日本の寒蘭より遅く開花する杭州寒蘭についてはもっと極端で、8月中には1本も出ていませんでした。色の方は未だ分りません。十月の気温次第といったところです。
 現地訪問については特に計画はしていません。仕事柄出張が多いので、関西や九州に行った時に現地の業者を廻ったり、展示会や植木市が開かれていればそれを覗いて見る程度です。それでも鹿児島の木市や博多スターレーンの大会などにはよく行きます。今年もその程度には考えています。

 



山田の「こまっちゃん」です。

彼岸の中日を境にグンと秋めいてきました。
やはり、雨あとの山が気になります。

092402rは1998年播きの坪からの発芽です。
先週も同じ場所をかなり詳しく探したのに、見つからなかったということは、一週間でこれだけ成長したということでしょうか。
野口さんもおっしゃられていたように、ホルモンに直結しているときには驚異的な成長を見せるようです。
現に昨秋の山採り苗からの新芽は、三枚葉の親から二枚葉と作落ちしている苗があります。
周囲の土ごとホルモン全体を採ってくればかなり成長が早いと思いますが、そうすれば、お山に跡が絶えてしまいます。

092408rは今回また初坪での苗です。
1998年播種場ですので、2年目の今年発芽したものでしょう。
これはお山で大きくしてみようと思います。

9/24のおやまだよりは、HPに「寒蘭の発芽」(その7)に載せました。


宮川です。
今日は払越産の写真です、基本的には新芽は1年に1本着くのが普通ですが、特にこ
の品種は2年で3作、よければ1年に2作が目標です、攻めの栽培とでも言いましょうか。比較的無理をしても頑張ってくれます。
写真は大和錦、柄、ホルモン(山出し)と最後はオークションに1度出した3輪の縞の状態です。払越産の1作目は1月に新芽を出して8月末には親にします、9月は秋ですが温度は春に近い、後は春並に湿度を保つ(80〜90%)でOkと思います。新芽は加温で春までには成長します。ただしこの方法は花をつけるものは避けます。
今年も本部展にはいい物が出ると思います、是非行きたいと思っています。野口さんに逢えることを楽しみにしています。
又その時は連絡下さい。
                  宮 川 忠 志

 



新たなメンバーです。佐賀県にお住まいです。佐賀の方は中原さん以来ですね。

前略 始めまして、おじやまいたします。小生寒蘭の経験は15年になりますが
今一歩で上達しません。しかし面白い情報を頂けるようですのでよろしくお願いします.こちらは肥前寒蘭で西彼杵半島の白西平産の力王、日本一など更紗の人気種があります。

t.t


 野口です。

だいぶ秋めいて、夜間の最低気温が20度を下回るようになりました。
そこで、今日は紅花系の鉢を咲かせ場に出しました。いよいよ花作りに入ります。
2〜3電話をして様子を覗うと、余分な花芽を摘んだり、花肥えを始めたりとそれぞれ思惑がある様子でした。

私の場合は木を傷めているので、とりあえず咲けば良いという状態ですが、トップを狙っている方の場合は、これという鉢だけは特別な管理をされているようです。
関西寒蘭会でトップを取るには、木の正面と花の正面を揃えるとか、第一花の位置と向きを決めるとか、正面に向いた「見せ花」を3輪程度にするとか色々大変なのです。
そこまでやってもバックの葉が傷んでいたら、最終的には残りません。
特に色花で勝のは至難です。いつもそれを狙っているのですが、当分は勝てそうに有りません。東京の展示会ではどのような基準で審査されるのでしょうか。

-----------------------------------------------------------------------

今日は浦野です。
東京での展示会の審査についてですが、まず、業者がらみの展示会は思惑で決まりますから問題外と思われます。しかし、それ以外の趣味者による展示と審査を行っている会は無いと思います。私共の会でも展示だけで審査は行いません。またいまのところ出品者が数名なので実質的には不可能です。東京では審査が可能な規模の趣味者の会が未だ育っていません。寒蘭愛好者は多いのですが残念なことです。

東京と近郊にお住まいのメンバーの方々に協力をお願いして、まず鉢数を集められたらいかがでしょうか。



 山田の「こまっちゃん」です。

今朝は蘭小屋で15度でした。
先週の土曜日、急ごしらえの日光浴場を作り、赤花、桃花、金鵄系を全部で20鉢ほど置きました。
7時過ぎ頃から10:30頃まで当たります。もっと日が南になりますと時間は短くなると思います。
心なしか、桃花の軸が鮮やかになっているように思います。

 



新しいメンバーです。香川県にお住まいです。

 転勤で高知県土佐清水市で勤務していた時に初めて、土佐カンランに出会って、蘭の魅力取りつかれて20年あまりになります。
20年前の蘭の価格がうそのように思える今日この頃です。

岩本 富夫


   申し遅れました。私はもう60才にま近い定年と向き合っているおとこです。
蘭歴はそうありませんので、上達はいたしません。皆様のお話をお聞きして練習します。皆様の軽妙なやり取りに感心しているところです.私もこの会話の中に入れる様になりたいと思います。
このお仲間に入っておられます宮崎の二宮様からは花のご紹介を昨年いただきました。
少しづつご当地の花をご紹介させていただきますが力王、日本一など大同小異であります。

   白西平と言うつぼは色合いは同じで皆更紗ですが、花弁、舌、など数種類に分類できるそれぞれに魅力を秘めた特徴があります。この頃流行の花でしょう。高価で手が出ません。品行には欠ける花ですが何せ男花で実物は迫力があります。

   五島は、翁頭山の赤より宮崎でも登録されている翠翁と言いますが青の青々、(宮崎名秀雪)のどにはピンクの桃シ素のすばらしい花です。ぼちぼちやりますので皆様の地区の様に花の絶対量が少ないのでそれなりになろうかとおもいます。
今後ともよろしくおせわになります。
                                      
   田坂 徹(T.T) 

 


野口です。
小松さんがイントラネットサイトに書いていらっしゃるハモグリバエから保護する方法ですが、言葉では説明し難いので、私の咲かせ場を見ていただくのが手っ取り早いと思います。
メンバー専用ページに写真と説明を掲載しましたのでご覧下さい。

 



新しいメンバーです。千葉県にお住まいです。

着生蘭(風蘭/セッコク等)収集。ただし素人歴20年です。
珍種より平凡な一般種の大株好みです。
旅行の度に御当地の蘭おじさんを探し、購入しています。
最近は入手出来ず、苦戦の連続です。・・・・(´へ`。)

小柳 茂樹


山田の「こまっちゃん」です。

いよいよ神無月、神様はこぞって出雲の国に参集しているようです。

今回は取り立ててニュースはありませんでしたが、蘭以外の収穫がありました。
100101がそれです。
三年ほど前、マイタケを植菌した原木を林内に埋め込んでいましたが、一週間見ぬ間に直径30cmほどの立派なキノコになっていました。
もうあと二年くらいは収穫できるはずです。

100103rはHPには載せていますが、緑の矢印が一風変わった新芽です。

100104rは左側の新芽、100105rは右側の新芽です。
普通の緑の新芽に比べると、成長が非常に遅いです。
袴には薄い桃色の条線を入れますが、出芽の時は幽霊のようにほとんど葉緑素を乗せないものだと思います。
昨年ここで先っぽををかじられた苗を引きましたが、葉っぱはほとんど真っ白でした。
10/21に来られるときにはもう少し伸びていると思いますが、現地での皆さんの反応が楽しみです。

100107rはホルモンから発芽する寸前の状態でしょうか?
これもその後の状態を見てみなければ、何とも言えませんね。

100108rは07rの本の近くにでている、小さな苗です。
坪からすれば、同一形質かも知れません。

最後に1001rrrですが、根っこ付近に出た芽の9/10から10/1までの成長状況です。
8/26の画像をよく見ると、緑の丸印の部分に新芽らしきものが写っていました。
左の苗を採った時の画像です。
苗があるとそこばかりに集中し、周囲を見てないんですね。
後の画像にまん丸く大根の切り口状に写っているのは、その時折れた根っこだと思います。

 


野口さん今日わ。  厚木の田中です。
ひと頃の猛暑が懐かしくなるほど朝夕の涼しさが、身にしみるこの頃ですが、ネットワークを楽しく
見させております。
今年の寒蘭の花芽は4割程度で、まだまだ勉強不足を実感しています。

------------------------------------------------------------
春先からの陽光をやや強めに(葉焼けを起こさない程度)採ると、花芽が多くなると思います。

 



新しいメンバーです。大分県にお住まいです。

東洋蘭、とりわけ、えびね蘭と、うちょうらんを主に楽しみながら、栽培しています。
最近は、富貴蘭にも興味が湧きながら、少しずつ、集めています。
東洋蘭は、楽しいですね。 小生、当年50歳です。  よろしくお願いします。

ytos



 こんにちは。

日本寒蘭の情報、本当にありがとうございました。
ランマウルのメンバーと一緒に読みました。

今年韓国の寒蘭展示会の日程が決まりました。一番有名なソウル蘭会の15回秋展示会は11月十日から12日までソウル花共販場で開かれます。寒蘭の産地、済州の展示会は11月二日から四日まで済州日本領事館の文化館で開かれます。

私は二つの展示会を見学するつもりです。ソウル蘭会の展示会には出品はしませんけど当番はします。

もし展示会を見にきたら私が案内しますのでぜひ来てください。
韓国の寒蘭の水準を分かる機会になると思います。

それではまた。

勲より。


今日は   森江です
 遅くなりましたが9月23日・24日開かれました播磨愛蘭会柄物展示会の写真を送ります。
ほんの一部ですが見て頂きたく宜しくお願いします。
イントラネットのほうに直接入れようとしましたが共有ホルダーは寒蘭の写真となっており辞めました。
お手数かけますが宜しく。先月までのものは削除してください。
なお、新命名品はありませんでした。春蘭ばかりで申し訳ない。
品種名だけ入れておきます。皆いい物をもっています。
写真のサイズ変更で写真がボケますが何か良い方法がありましたら教えてください。
稲妻 円空 金玉殿 月夜野 春河 帝王 天遊 万葉
夢錦 明神 幽谷殿 の順番になっております。

 



新しく参加されたメンバーです。松江市にお住まいです。

 春蘭に魅せられています。皆様同様、家の中より、蘭舎の中に居る方が落ち着きます。
家族と蘭どっちを選択と問われれば、もちろん迷うことなく蘭を選びます。
 現在43歳。山陰両県をエリアとする地方紙(山陰中央新報)の記者を勤めています。
よろしくお願い致します。
-----------------------------------------------------------------------
簡単に自己紹介させていただきます。

 島根県松江市に住んでいます。年齢は43歳。東洋蘭はオタク的な要素があるせいか、友人・知人に共通の趣味を持つ人はおらず、細々と続けています。
 春蘭を中心に庭の蘭舎に100品種150鉢程度、育てています。家の中にいるよりも蘭舎に居る方が落ち着くのは皆様と同様。よろしくお願い致します。

仲田 武史



 新しく参加されたメンバーですが、オークションサイトでは常連さんです。

はじめまして! 私は鹿児島にて蘭歴、約25年まあ途中ブランクがありますが・・・・。「寒蘭や その葉 その花 その香り」???
この言葉は誰でしたけ?とにかくまさに、この言葉どおりだと蘭に魅了され愛している、あまり知識のないこのような一人でありますが今後ともよろしくお願い致します。

海津 芳-8



偶然ですが11月27日から韓国ソウルに行く事になりそうで、金さんに済州寒蘭を見せて頂きたいとメールを書きました。

こんにちは。
嬉しいです、ソウルで野口さんを会うようになって。
11月28日の午後の時間を空けますので、...
詳しい日程をお願いします。
ソウル蘭会の副会長と一緒に待ってます。
済州寒蘭がそのどきまで咲いているのは分からないけど
写真と済州寒蘭を用意してます。
それでは、また。
勲より。



新しいメンバーです。香川県にお住まいです。

自己紹介 
  日本春蘭、富貴蘭等を20年近く趣味で楽しんでいます。HPでは、自分で育てた蘭を中心に写真で、紹介したいと思っています。
(MURAKU)
ホームページ http://www4.ocn.ne.jp/~muraku/index.htm

 



私の栽培していた寒蘭にウイルスのような斑が見つかったという話をお伝えした事に対する返信です。

こんにちは浦野です。
 ところで今年の夏は2年続きの猛暑だったせいかも知れませんが、私の棚でもウィルス斑と思われるものが10鉢程見つかりました。いずれも以前イントラネットで見ていただいた「銀鈴」と同じような病斑で、ウィルスであればORSVかCyMVと思われます。今までで一シーズンでこれほど多くのウィルス感染株が見つかったのは、かつてOFVにやられた時以来です。OFVの場合は媒介者が居るので環境が悪ければ大量感染が起こることは理解できますが、今回のORSVやCyMVの場合は媒介者は居なくて、病株の
鉢底から流出する水や植え替え時に病株に触った手やハサミ等で不用意に別の株の植え替えを行うことで感染すると言われていますので、その点を十分注意しながらやってきたつもりなので少なからぬショックがあります。
---------------------------------------------------------------------------

私の蘭に2鉢、友人の鉢にもウイルス様斑が見つかりました。ウイルスが以前から潜在していたのか、それとも猛暑のセイで生理障害を起こしたものか判断が出来ませんが、とりあえず隔離栽培にし、来年の新芽を見て処分を決めたいと思います。
株分けに刃物は使いませんし、一日一鉢しか植え替えも行いません。また、つり鉢にしていますので、鉢の水が掛かる事は無いはずですが…。
それにしても、やっと作が立ち直ってきたというのに、ガッカリします。

 



新しいメンバーです。静岡県にお住まいです。

えびね、長生蘭、春蘭等を育てています。
えびね歴は20年くらい。京都えびね会に入会しています。
春蘭は栽培がへたで、根を枯らしてばかりいます。
上手なかた、栽培方法を教えて下さい。

らんきち
------------------------------------------------------------------------
春蘭専門の方はメールを差し上げてください。お願いします。


皆さんにアンケートをお願いしましたところ、少しずつ回答が返ってきています。
それぞれの東洋蘭(野生蘭を含む)に対する考え方や、東洋蘭ネットワークに対しての希望を伺っていると色々と考えさせられます。最終的な集計は東洋蘭ネットワークのサイトで発表したいと思いますが、もう少し回答が集まれば、とりあえずイントラネットサイトにアップロードしたいと思います。

そろそろ寒蘭の開花が始まったという便りも届きました。しばらくの間「花狂い」になりますね。
「サイバー寒蘭展2000」もお忘れなく。展示会に出品できなかった、かわいそうな花はこちらに出品してください。展示会では無視されそうな30cmに満たない花茎の花でも、皆さんが鑑賞してくれます。よろしくお願いします。

先日のメールニュースですが、32号を発信したつもりで間違って31号を二度発信した様です。こちらが32号です。お詫びします。

つい先ほど、平崎さん、森江さんと共にお伺いした、小松さんの所から帰ってきたところです。二日間楽しく過ごして、今は心地よい疲労を感じています。詳しい内容は次回のメールニュースでお知らせ致します。