東洋蘭ネットワーク メールニュース(21)                                     戻る
 

山田の「こまっちゃん」です。

毎度のメールニュースの編集・配信ありがとうございます。
昨日の土曜日(28日)、やっとハチクのタケノコにありつけました。
雨の中、合羽を着て汗だくで24,5本掘りました。
これから山で気をつけなければならないのが、マムシです。昨日も一匹いました。

さて、新芽も土を切ったばかりです。
加温しておりませんので、色はあまり冴えませんがお送りします。

052801は日光です。                      052802は桃琳です。日光と同じくはかまの先が白くなります。

052803は先の山採りのなかで、葉状から土佐茜雲の血を引いているかも知れないと言うコメントをつけ
た芽の写真がありましたが、本葉が白く出てきました。
これも自分のHPの記述に残っていた掛け合わせのなかに、光玉殿と土佐茜雲というのがありました。
 052805は白鳥です。

052806は豊雪で、出目から少し黄緑色が乗りか
けています。                                               052807は先にお送りしました水月とは別の鉢ですが、
                                                                どうも芽の形状から花芽ではないかと思います。

蘭小屋周辺にはヤブ蚊も出始めました。
あちこち刺されながらの水やりです。

http://www2.justnet.ne.jp/~k-toshi/



山本さんへのメールの一部です。

宮崎のニュースは二宮さんが時々下さいますが、中学3年の担任に成られたとかでお忙しくされているようです。確か「駄花ばかり…」と書いておられましたが、寒蘭の産地以外の人間にとっては、産地の話題は充分ニュースになるのです。以前に五木出身の友人から「球磨寒蘭で赤無点の良い花が出た。」と聞いたことが有りますが、どんな花かも、球磨のどこの産かも知りません。こちらには何も伝わってこないのです。
よろしくお願いします。
----------------------------------------------------------------------------------------

五木の方は、五木産の紅無点をおっしゃっているのでしょうか?
私は五木産の紅無点の実物も写真も見たことはありません。しかし確かに有ります。
平肩で10cmぐらいのようで花間は、あるようです。
いろいろ坪採りがあり、知人が坪採りを持っていて今秋開花見込みです。
良く咲いたら写真を撮らせてもらいますね。

球磨郡と人吉市には、他にも紅無点の素晴らしい花が咲く坪が有ります。
坪採りが沢山あり、ごちゃごちゃしています。同坪採りのいいのがでてくるので、購入するときは花を見てからのほうが良いと思います。
球磨寒蘭は、県外で登録されることも多いような気がしています。

申し遅れましたが、私はお茶や乾し椎茸などの山産物の卸売をやっていて、小売の直営店も3店経営しています。父が5代目で順調にいくと6代目・・・?になる予定です。
独身の37歳の一人暮らしですが、黒いラブラドール・レトリバー犬のクロ(オス)とラブ(メス)の2匹と暮らしています。

書道が大好きで昨年から読売書法展と日展に出品しました。
日展はみごとに落選しました。

これから球磨寒蘭についても勉強していきたいと思っています。
ご参考にして頂ければ幸いです。

山本 道徳


おひさしぶりです宮崎の柊崎です(^^)
昨年11月に開催された総合展についての報告をさせていただきます。
県内各支部展示会で上位入賞花や優秀花展を展示してあるだけに400鉢名花ぞろいで毎年人々の心を魅了します。又このときに登録申請も行います。
11年度総合優勝は、日向の誉・ 総理大臣賞は、司の華・ 建設大臣賞は、豊雪・ 県知事賞は、日向王・ 運輸大臣賞は、無名の青・ 連合会長賞は、冷泉という結果でした。

我々、小林支部会は月1回の交換会があり、チャボや青花また色に関係無く形の整ったカッチリした花がでてきます。

ちなみに私の作りを紹介すると、用土として日向ボラ(熱処理したもの)・薩摩ボラ 他に化粧土として蘭店から購入した自生地の山土を使用しています。肥料はグループで作った有機質の物とカブトムシの糞を少々
酵素を葉面散布に使用し成績は良いようです。
ちょっと話が長くなりましたがまたメールを送らせていただきます。

それでは・・・・・


 東洋蘭を愛培し始めて20年になります。 現在約400鉢の春蘭と30鉢の寒蘭を栽培しています。神戸蘭展には毎年出展しています。
韓国春蘭に興味を持ち探しています。連絡お願いします。

河本 正明


お久しぶりです、野口さん。
内容充実してきましたね。
ウチョウラン開花し始め、今は今年の初花に一喜一憂の日々。
でも、東京単身赴任中のため一部持っていった分しか判りませんが、来週末京都に帰りますが、丁度満開だと思います。
京都ではカンランの新芽は6月末にならないと土をきってくれませんね。地元の人、うらやましい。
では

落井由規
-------------------------------------------------------------------------------------

我家のウチョウランはろくなものが有りませんが、まだ開花していません。
丁度、来週末頃に咲くのではないかと思います。良い花がだんだんと消えて行って、残っているのは実生したものだけになりました。殆ど普通の花ばかりです。

兵庫県の森江さんも黒土を始められ「1年1作」を目標にしておられますが、実際に京都では中々難しいです。でも、密かに「行けるかも…。」と思っています。黒土にすると、鉢内に常に適当な湿度が有るからです。しかし、なぜかバックの葉がパラパラと落ちて行きます。不安になって、表土を除けてみたりするのですが、そんな事で理由が分るわけも無くまた元どうりにしています。何をやっている事か…。

その時確認したのですが、新根は綺麗なのが出ていました。今までの土より根の成長点が長い様に思いました。芽当りは僅かに膨らんでいる程度でした。
秋には結果が出るのですから、今頃ガタガタやってもしょうがない事は解ってはいるのですが…。

野口


 野口さん今晩は、すばらしいページすみません。私が高校生の時大工だった親父に、わたしの部屋を建ててもらった時を思い出しました。
有り難うございました。昨夜12時迄かかって送った画像届きましたか。画像が重く時間かかりました、次から考えます、途中でエラーが出たりしましたので心配です。
..........先ほど土佐寒蘭柄物会、会長の茨木氏より電話で明日の第12回寒蘭柄物展示大会(中村市)へ何点か出品してくれとのことでした、かれから蘭舎に入って明日の準備です。
又得意のデジカメで撮影してきます、お楽しみに。               

   宮 川 忠 志 
--------------------------------------------------------------------------------------

宮川さんのページですが、新芽の写真にモアレ(干渉縞)が出てしまいました。
やはりプリントアウトをスキャンした事に無理が有ったようです。
レイアウトは少しごちゃごちゃしてしまいましたが、徐々に直して行くつもりです。
また、差し替えたい写真や付けたしたい文章が有りましたら、メールでお送り下さい。
出来るだけ、ご希望に添いたいと思います。

「東洋蘭ネットワーク」は私のHPでは無くて、ネットワーク・メンバーのページだと思っています。
私はタダの管理人のつもりです。
「第12回寒蘭柄物展示大会」の写真、楽しみにしています。よろしくお願いします。


新芽の覗く木もありますが、土を切って芽が伸び出してくるのは月末か、梅雨明け後になりそうです。良い写真が撮れましたらお送りします。

浦野


いつもメールを配信して頂きありがとうございます。楽しく読ませていただいています。
さらに新しく香川さんの入会を知りとてもうれしく思いました。
偶然ですが香川さんとは、つい先日ネット上でお知り合いになったばかりで、風狂大歓迎です。
私の蘭舎(啓蘭舎『風魅庵』と名付け一人でエツに!)では富貴蘭の成長真っ盛りで毎日根冠の色の美しさに魅せられております。
例年7月中旬ころより一斉に花が来ますが、今年はお少し遅れるかも? 
翡翠【緑花】が咲きましたら、初めての映像を送つもりです。

 新潟  片桐


兵庫県の 森江 です。

メールニュース(20)有難うございます。いつもお世話になっております。
続々と 新芽の写真が入ってきているんですね。やはり高知は あったかい。
こちらも 続々と 出てきていますが新芽の先端が土を切ったところ 大きくて1cm余り、写真は7月過ぎになりそうです。

ところで OANメンバーページ見せていただきました。びっくりしました。
小生のページがあり 例の 青花(青ヤタ?)の写真があったからです。
写真とってくれていたんですね、全く知りませんでした。

この青花は、私がまだ、ダケツチで培養していたとき、最初に咲いた時は外弁がすっきりと、三角から平肩咲きに咲き、垂舌で見ごたえありました。
ところが翌年からは、ヤタガラスのように抱え咲きとなり、なかなか開いてくれません。
木に勢いがないからなのか、微量要素の関係か、わかりません。
また、蕾の時間が長いのです。 首をかしげて、普通の花の2倍くらい時間が掛かります。
そのため、舌が固定され巻かないのかもしれません。
花弁の開きが年々悪くなっていくような気がします。 今年は2株にし、環境を変えて試験をしてみたいと思っています。(光 肥料を変えてみます)

OANページを作ってくれましたので、私の秘蔵の(幻になるかもしれない)の蘭を飾らしてもらいましょうか。
もっとも、写真のネガを探しフォトCDに書き込みしていると、10日あまりかかりますが、柄物寒蘭だとおもいます。
木が小さく、これまで1輪咲いただけの花です。葉にまだ柄は出ていません。土佐寒蘭です。
以上お礼まで
----------------------------------------------------------------------------------------
内田のページや岩村さんのページも作りました。
良い写真やレポートを頂いたら、どんどん増やして行きます。


お手数をおかけしました。今後ともよろしくお願いします。 
新芽の覗く木もありますが、土を切って芽が伸び出してくるのは月末か、梅雨明け後になりそうです。
良い写真が撮れましたらお送りします。

浦野
----------------------------------------------------------------------------------------
 やはり、東京もそうですか…。京都でも事情は同じです。
産地の方はどんどん芽が出ているようで、「あせり」を感じますね。
こちらでは1年1作とは行かないのが実情です。
春先に温度を掛ければ何とかなるのは分っているのですが、病気発生のリスクが大きくて中々そうは出来ません。
この秋には土佐会の70周年で、何か出品しなければならないのですが、ことごとく作落ちして出せるものが有りません。実はその為に2年ほど前から、色花の(高知よりは色が鮮やかに咲きますので)株立ちの木を何鉢か買い入れて準備していたのですが、その木まで作落ちしてしまいました。もはや、「万策尽きた」感があります。かといって、まさかひょろひょろとした木を持っては行けません。困りました。

野口
----------------------------------------------------------------------------------------

 東京の浦野です。芽出しが遅いことを報告しましたが、今年はこれでも早い方です。これで梅雨中にヤマセでも吹けば7月末にならないと伸び出してきません。それでも花芽は昨年の親木に付きますから、親木が充実していれば問題ありません。

 野口さんがどのような作り方をしているのか分かりませんから、あまり無責任なことは申せませんが、いっそのこと今年の新子はあきらめて親木の充実を図り、新子休みの木に花を付けさせるようにしたらどうでしょうか。それから、木に刺激を与える方法としては植え替えを行ってみるのも良いと思います。新しい用土に植え替えて潅水を頻繁に行うと新たに根を伸ばしてきます。新芽が急に動き出すこともありますから試してみてはいかがかと思います。あと、問題があるとすれば肥料でしょう。
 野口さんは黒土に凝っているようですが、黒土には養分が含まれていますから置き肥を使う時はどのくらいの量を施すかが難しいと思います。また、崩れやすいですから潅水の度に少しづつ崩れて知らず知らずに通気性を損ねていることもあります。特に黒土に苔が生じてきたらその下層の状態を調べてみた方が良いでしょう。苔の生えている下にカビが生えていることがあります。カビ自体が何か有害であるということはない
様ですが、通気性が悪くなっていることと、土壌pHが中性化していることが考えられますから、寒蘭にとってはあまり良い環境ではなくなっていると思われます。
 いずれにしましても寒蘭の花芽が分化するのはもう少し先ですからまだ打つ手はあると思います。ぜひ良い花を咲かせて出展してください。

浦野


 はじめまして。 姫路の河本です。初めてメールニュース読ませてもらいました。楽しいですね。
播磨愛蘭会の事務局を20年やってきました。家庭の事情で今年の春から森江さんに事務局をお願いしています。
 蘭翠苑の佐藤さんには蘭の購入等で懇意に、 色々お世話になっています。
野口さんとは関西寒蘭会で何度かお会いしています。よろしくお願いします。

河本 正明
----------------------------------------------------------------------------------------

私の勘違いで、別の方と間違えていました。お詫びします。
播磨愛蘭会は何分にも京都から遠いので、以前に一度だけお邪魔しました。
寒蘭の席飾りを関西で1番始めに取り組まれたり、春蘭の柄物に熱心な会です。
こちらこそご指導の程、よろしくお願いします。
野口



 今晩は本日、宮川さんのレポート拝見いたしました。
宮川さんのページといい、本当にいいですね。早速印刷いたしました。
私の職場(県、土木事務所)には毎日県のOBの方や鹿島建設、熊谷組とか建設業の営業の方が大勢みえます、その中に結構寒蘭の好きな方がいまして、私の処でよくしゃべって帰ります。
その時新芽会や花会、又東洋蘭ネットワークの写真見せますと喜んでくれます。

......マキさん、名前と人物が野口さんのメールで昨夜一致しました。
あの方とは4年位前から広畑園や宿毛の展示会で何度も顔を逢わし、お付き合いもしてます。
中村や大方の蘭会にもよく見えます。会の世話もよくやってくれていますよ。
まさかインターネットの中でもお逢いするとは不思議ですね。.......
これから宿毛、中村、大方新芽会が始まります、いい写真たくさん撮り情報おくらさしていただきます。
それでは。
      宮川忠志         
----------------------------------------------------------------------------------------

野口です。また、レポートを頂いたら掲載します。

先日の電話でマキさんとも話していたのですが、寒蘭に関して「高知では常識」でも、こちらでは「知らない」と言うことが多いのです。
何も京都に限った話ではなく、東京でも事情は同じだと思います。
マキさんのメールに有った「鬼面高」ですか、あれなんかも、まず知っている人は居ないでしょうし、宮川さんから聞いた蘭の産地名「間」も知りませんでした。
全国に向けて、情報を発信する意義は大きいと思います。

マキさんの事、世の中狭いですね。或いは、インターネットで情報が広がったせいでしょうか…。

宿毛、中村、大方新芽会の写真、是非ともよろしくお願いします。
後は、九州の情報が無いのが残念ですね。蘭会は地域密着でも、情報は広域的であって欲しいです。

さっき、広島からメールが入って、ついに「蛸壺」を手に入れました。
展示会の時に、青花などを植えて出品するつもりです。「文人趣味」の渋い展示をしたいと思っていたからです。「蛸壺」も今は少なくなって、探すのに一苦労しました。今や貴重品です。


  「土佐寒蘭柄物会」の入賞作品のページをアップしました。ネットワーク・メンバーの宮川さんからレポートを頂きました。ありがとうございました。
http://osaka.cool.ne.jp/mabito/news/garamono.htm

ホームページを持っていないメンバーの方は、是非、身近な話題のレポートを頂きたいと思います。
例えば、ウチョウランや富貴蘭の写真なら大歓迎ですし、それ以外に野生蘭とかも歓迎します。
もちろん、レポートなども歓迎です。頂いた写真は、メンバーのページに掲載致します。
http://osaka.cool.ne.jp/mabito/menbers/menbers.htm

また、新芽会のページも掲載中です。
http://osaka.cool.ne.jp/mabito/sinmekai/sinme.htm
春蘭、寒蘭の新芽の写真をお送り下さい。お待ちしています。
今後もネットワーク・メンバーに開かれたホームページを目指して行きますので、 ご意見、ご感想があればお寄せ下さい。お願い致します。

あちこちで新芽が出始め棚での作業が忙しくなったたせいか、メールが少なくなりニュースのネタが無くなりました。皆さん、メールを出してください! お願いします。