アンケートに記入する前にお読みください


インターネットは新たな商取引や人倫関係を作り出しましたが、それに伴って急激に犯罪被害が増大している事も事実です。 特に近年の傾向として「フィッシング詐欺(成りすましサイトによるクレジットカード番号の詐取)」「ワンクリック詐欺(架空請求)」「オークション詐欺(色々)」などの犯罪の激増が報告されています。

 これらの犯罪は、まだ未成熟なインターネットの個人認証システムを悪用した行為であり、これを放置することはインターネットの本来の目的である「情報距離に変革をもたらし、知的財産を共有する事」の重大な阻害要因になる事は確実な情勢です。

 そして、ついに東洋蘭に付いても某大手オークションサイトでの詐欺行為が複数のAONメンバーから報告されました。

 クレジットカードさえあれば、例え偽造カードであっても簡単に登録できてしまう脆弱なシステムと管理責任すら放棄した管理者のもとで、東洋蘭に関する詳細な情報を持たないままに、誰が出品したとも判らないものに入札する事は、残念ながら極めて危険な行為です。

 不幸な事に既に詐欺被害に遭った方は、まず最寄の警察に「被害届け」を出す事をお奨めします。これは裁判を行う事とは別で、「被害の立証」として必要な措置だからです。被害が立証できない場合はオークションサイトの補償対象にもなりません


注意点

 アンケートの主たる目的はネットオークション等で頻発している詐欺行為の実態調査とその抑止に有ります。不確実な「人のうわさ」は書込まないで下さい。また、不用意な発言は管理者が削除する場合が有ります。

1.個人名や企業名、住所など個人を特定できる記述は、その部分を伏字(***など)に置き換えて下さい。

2.品位の無い言葉や相手を愚弄する言葉は使用しないで下さい。

3、事実を歪曲した発言は控えて下さい。

戻る