「夏の暑さが蘭に影響」に間する調査は終了しました。
アンケートにご協力頂いた皆様に感謝いたします。
[ホームへ戻る] 

集計結果

 ◆アンケート参加者総数:64

質問 1:貴方が主に栽培している東洋蘭を多い順に2つ以内で選んでください。
寒蘭  48   
日本春蘭  31   
中国春蘭一花系  9   
一茎九華・連弁蘭  7   
糸蘭・雪蘭  6   
エビネ  12   
フウラン  12   
長生ラン  1   
その他  1   
質問 2:貴方が居住(栽培)している地域を選んでください。
北海道  1   
東北  1   
関東  21   
中部  6   
北陸  2   
近畿  8   
中国  1   
四国  4   
九州  16   
質問 3:この夏の記録的な暑さによる影響は有りましたか。
大いに有った  19   
少し有った  13   
品種により影響が違った  5   
あまり無かった  18   
全く無かった  5   
質問 4:今年の暑さで最も悪影響のあった蘭はどれですか。
寒蘭  21   
日本春蘭  14   
中国春蘭一華  7   
一茎九華・連弁蘭  1   
糸蘭・雪蘭  3   
エビネ  4   
フウラン  1   
長生ラン  1   
その他  3   
質問 5:暑さとは無関係か、影響の無かった蘭はどれですか。
寒蘭  22   
日本春蘭  17   
中国春蘭一華  8   
一茎九華・連弁蘭  7   
糸蘭・雪蘭  4   
エビネ  6   
フウラン  14   
長生ラン  3   
その他  5   
質問 6:暑さのせいで、逆に成績が良かったという蘭はどれですか。
寒蘭  14   
日本春蘭  8   
中国春蘭一華  4   
一茎九華・連弁蘭  3   
糸蘭・雪蘭  2   
エビネ  3   
フウラン  3   
長生ラン  4   
その他  4   
質問 7:例年に比べ病気や傷害の発生はどうでしたか。
例年より多かった  28   
例年と変わらなかった  20   
例年より少なかった  3   
質問 8:病気や傷害が多かったと答えた方は、特にどのような病気や傷害が多かったと思いますか。(発生頻度の高いものを選んでください)
軟腐病(スポヌケ)  23   
黒腐病  4   
白絹病  1   
黒点病  3   
褐斑病     
葉枯れ病  9   
立枯れ病  10   
不明その他  6   
質問 9:発生した病気や障害に付いて、気付いた事が有れば書込んでください。
スポヌケは3年以上植え替えをしていない株に発生しており、株自体に菌を持っていると思われます。
紺覆輪の色の白い物ほど被害が多かった。
葉先は何とも無いのに葉のつけねが変色し葉が落ちて、やがて株全体が枯死する株が多かった。
暑さが一段落してから、ここの処ズボ抜けがポチポチ発生している
フウランの子芽が枯れた
水やりの回数が増えたせいか長生蘭の生育が良かった
天候が悪いと思い朝方水をやりましたが、その後晴れ失敗しました。
小苗が被害が大きかった。新芽のスポヌケ、親葉に疫病が発生した。
小木やバックから出た新芽に被害が多かった。
特に小木は原因不明の立ち枯れが多かった。
自分の蘭舎で2年以上たった物は作が落ちるだけで済みましたが、昨年購入した物は病気や障害が出たものが多いです。
偶然かも知れないが、ボラ土植には病気は出ずより黒土植えのみに出た。
水遣りによる、すっぽ抜け
立枯れ病は一度羅病すると進行が早く一週間程度で一株が全滅します。全く薬が効かず羅病部分を切除してもその株が全滅するまで止りませんが、タチガレンAを春先から定期的に散布すると良いと昨日聞きました。
杭州寒蘭の新しく入った物に軟腐病が多く出た。
スッポ抜けが二株出ました。
植え替えていない寒蘭はそのために新芽が少なかったですが、山採り苗は高温でも結構新芽の成長がよいです。
多分暑さによる障害と思われますが、イモから先に枯れてきます。また、新芽からではなく比較的後ろの方から枯れました。 
質問 10:例年に比べて花芽の数はどうでしょうか
多い  13   
変らない  24   
少ない  11   
質問 11:例年に比べて新芽の伸び方はどうでしょうか。
早い  9   
平年並み  20   
遅い  7   
暑さで一時止まった  14   
質問 12:最も顕著だと感じた影響は何でしたか。
自然栽培なので、冬が例年にもまして寒かったからと思います。
凝り芽(成長が止まった芽)に軟腐病が出た。
えびねの前年葉が全部枯れてしまった。
高温障害!蘭室が50℃を越えてしまい、夜中でも30℃を下回らず参った。
40度近い温度と 日差しの強さ
暑さ
照度を上げたことかな
子休み木が多い。
春蘭が立ち枯れした。初めてです。
暑さによる蒸れ
害虫の発生が多かった
特に春蘭の新芽の伸びが途中で急に遅くなりました。
酷暑と熱帯夜
花芽の付きが悪い。
立ち枯れが多く、新芽は焼けた様に黒変死した。
中国春蘭の花芽の付きが悪かった。
夜間の温度が下がらないためか、柄の切れが悪い。
株の成長がとても良かった
乾燥が速い為、それに合わせた水やりが出来なかった物は成長が止まった。
特になし、例年より遮光を強くして、少しでも涼しくした
立枯れ病が発生したこと。(話には聞いていましたが凄いです。)
暑さのため、例年になくズボ抜けが多く出たように思う。
気温と風通し
植え替え不足による根の傷みが新芽の出方に影響があったように思います。
春蘭系は障害が出たが、寒蘭、杭州寒蘭は逆に作上がりとなった。 
質問 13:影響が無かったと答えた方は、その理由を選んで下さい。
例年並の暑さだった  1   
暑さと成長は関係ないと思う  2   
それほど気にしていない  8   
全く変化は無かった     
暑さと関係しているかどうか判らない  6   
質問 14:暑さ以外で蘭の生長に影響が大きいと思われるものが有れば一つだけ書いて下さい。
風です。
春、植え替えは新子に影響する。影響しない、植え替え方もあり
暑さ対策で病気に気をつけながら、夕方水を毎日やった。(結果良好)
暑さに対しての水遣りの調整が難しかったです。
水加減、日照、スリップス
通風をよくすれば、相当の気温でもカンランは順応してくれるようでした。
施肥
水遣りの時間と頻度
暑さに加え、今年は照度を少し上げたせいか、成長、花芽付が良かった
適期の潅水。
日照
水加減
みずやり
鉢数が増え、棚の一部に風通しの悪い場所があり通風の影響をもろに感じました
採光と通風
通風と水遣り
通風〜朝陽の直射。
風通し。
梅雨から夏にかけて、湿度が低かった。
通風
日差しの強さ
用土
やはり、蘭に対する愛情不足(植え替え、水やり、施肥等)がたたっています。
枯れた春蘭については症状がでる前に水を遣っていなかった場合が多かった。水切れも障害の発生に影響していると思われる。 
質問 15:このアンケートの質問事項以外に、特に気が付かれた事柄があればお知らせ下さい。
秋蘭を持っていますが、特に水遣りもせず、太陽にも当たる所に置いて自然まかせですが今年は花芽が20本もでていい香りをはなっておりました。
我家ではここ数年で、スリップスの害が物凄く薬剤散布の量が非常に多くなっています。
焦土を15000LX試しにとって見た、その場所は一時的にだが46度まで上がったが、カンランは葉やけも起こさなかった。
記録的な暑さと騒ぎすぎ(東京は人の住むところではない)
気温が高く鉢の中が早く乾燥したためか小さい鉢では、新芽の伸長が途中で止まったものが見られた
ニオイえびねの根の先端の傷みが現れた
ウイルスと思い隔離していた蘭を植物防疫協会のウイルス診断薬のあるのを聞き、確認しましたら陰性で安心しました。勝手な思い込みで1年以上心配しました。
風を通す事。都会の栽培では扇風機は必需品になりつつあるようです
何等かのバイオ処理をされた蘭は、異常気象には弱いと確認。
冷夏や猛暑の夏や異常気象の多発で、蘭趣味ものんびりとは行かなくなってきた。
用土を変えて、裏山から自分でとってきた腐葉黒土を試していますが、土の粒は潰れて小さくなるものの、新芽はかなり大きいと感じました。 

[戻る]